fc2ブログ
2023 01 << 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 2023 03

エルミタージュ美術館展

2012.06.16.00:01

先日久しぶりに都心へ出ました。国立新美術館。始めていきました。でかいことでかいこと。ついでに入り口で音声ガイドも借りて中野京子さんの解説付きでした。イタリアルネサンスからバロック、ロココと来て、フランスアカデミーから印象派、それにセザンヌやピカソやマチスもそれぞれ1枚展示されてました。   

僕の好みはアルプスより北の絵で、しかもバロックよりもっと前のほうが好きだからねぇ。そういう意味では。。。。でも、ヴァン・ダイクのやたらと美男の自画像とか、むかし読んだ若桑みどりさんの「女性画家列伝」に出てきたヴィジェ・ルブランとカウフマンのそれぞれ美人画家の自画像なんかが展示されていて、ヴィジェ・ルブランのいかにもフランス風の洗練されたかわいらしい自画像と、いかにもドイツ人らしい田舎の美人といった感じのカウフマンの自画像が並べられていてうれしかったです。

中野京子さんは印象派に駆逐されてしまった感のあるフランスアカデミーの画家に思い入れがあるようで、ジェロームという僕は全く知らなかった画家の「舞踏会の後の決闘」という絵の解説に、ずいぶん力が入っているようでした。ぼくも印象派って好きじゃないんで(だって、印象派の画家って絵が下手じゃない??)、うんうんと音声ガイドを聞いていました。

で、ふと思ったんだけど、印象派が出てくるまでは絵は物語性があったんじゃないか。印象派によって、それ以前の絵画の物語性(文学性)が否定されたんじゃないか、ってそんなことを考えました。

映画でもそうだけど、映画は映画であって文学ではないって言って、ストーリーの話とか、演出や役者の話は映画本来の批評対象ではない、みたいな風潮がはやったことがあったけど、絵画でも同じように、絵画に物語性は不要だという風潮が大勢を占めて、それに対して印象派って言うのは絵そのものの図像性というのかなぁ、文学性(=物語性)がない絵が多くて、ある意味で印象派が持てはやされたのは、絵そのものの評価以上に、物語性を排除したい批評の側から、特に印象派が批評しやすかったということはなかったのかな、なんて、まあ、素人の戯れ言ですけどね。ただ、印象派ってどうしてそんなに(日本だけではなく世界的にも)人気があるのかな、ってどうも僕にはよく分からないんですよね。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

CYPRESS
印象派は写実絵画の最後の世代だからねぇ…。
既存の絵画芸術を否定しない事には次の一歩に進めないから…。
そこにヨーロッパにはない日本の浮世絵とか入ってきたからその影響を吸収消化するのに時間が掛るだろうし…。
過渡期の一派なんでしょうな。

その昔モネの『日の出、印象』を見たけど、後年のスイレンとは違い石炭の排煙で汚染された様な絵でした。言い換えると「きたねぇ」(笑)。
2012.06.16 12:43

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/945-4aa87b40
先日久しぶりに都心へ出ました。国立新美術館。始めていきました。でかいことでかいこと。ついでに入り口で音声ガイドも借りて中野京子さんの解説付きでした。イタリアルネサンスからバロック、ロココと来て、フランスアカデミーから印象派、それにセザンヌやピカソやマチ...
2012.06.19 18:29 まとめwoネタ速neo

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム