fc2ブログ
2024 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2024 05

フレーリンガーのブログとゲシュケの話、LBL

2012.04.24.09:40

アルゴス・シマノ、ツールにつづき、ブエルタにも出場決定ですね。去年に続いての参戦。さて、そうなると気になるのがツールとブエルタの出場選手。むろん両方出る選手もいるでしょうけど、土井選手とかゲシュケとかはどっちか片方のような気がします。

ゲシュケと言えば、rsn にレース後のインタビューが載っています。

ゲシュケの話。「ウチのチームはなんとしてでも、誰かを逃げにのせたかった。だからみんなでほとんどすべてのアタックに反応したんだ。逃げにのれた僕は運と足に恵まれた。僕にとってはパーフェクトだった。山岳ポイントはすべて取ったし、このまま山岳賞を獲得してレースを終えることができたらよかったんだけど。。。何が起こったかはよく分からないんだ。突然前輪が滑ったんだよ。砂が浮いてたか、オイルが流れてたか。。。スピードオーバーはあり得ない。カーブは安全策をとっていたからね。しばらくして走り出したけど、もうみんな行っちゃったからね。つぎの補給ポイントまで走って、そこで自転車を降りた。頭がかなり痛かったし右肩も痛かった。こうなったら、LBLみたいなレースはどうやったって完走できっこないからね。残念だよ。LBLは大好きなレースだし、完走すれば山岳賞の表彰台に登れるのは確実だったんだから。あの落車のおかげで全部パァだ。でも骨折しなかったし、目の上を切っただけだから、また明日から練習だ。」

LBLには山岳賞があります。今回はピエール・ロランが10ポイントで獲得していますが、逃げている間、ゲシュケが常に峠をトップ通過していたんですね。あのまま落車がなければ、あの集団はラスト20キロまで逃げ続けたから、完走はできた確率が高いですね。おしかったなぁ。

さて、フレーリンガーのブログです。

------------
毎年、ベルギーのアルデンヌ地方を走るレースで春のクラシックシーズンがおわる。パリ~ルーベと並んでLBLはおそらくシーズンで最もハードなワンデーレースだ。
常に登ったり下ったりが続くし、ベルギーのアスファルトは良い道だとは、とても言えない。昨日はその上、移り気な4月の天気だった。とても冷たい風と、日が照るかと思うと雲が出てきたり、あられが降ったり雨が降ったりして、体力が奪われていった。
ぼくらの最初の目標は逃げのグループに誰かを送り込むことだった。アタック合戦は1時間ぐらい続いた。チームとしても非常にうまく機能して、やっとジーモン・ゲシュケが逃げに加われた。残念ながら彼はコート・デュ・ヴァンヌの下りで落車して、早めに脱落してしまったけど。僕自身は最後から三つ目の登りまで先頭集団にいることができた。集団のおおよそ半分が、有名な「ラ・ルドゥート」の登り口までまとまっていた。この3年、僕はいつもここで引き離されてしまっていた。そして昨日も同じだった。集団はばらばらになり、新たにたくさんのグループに分かれた。このレースのエース格のアレクサンドル・ジェニエも先頭集団について行けなかった。
7時間走り、リエージュのゴールになんとか到着、完走した。

大クラシックの後、まだぼくにはドイツの「5月1日のクラシック」がフランクフルトである。今年も、このレースが僕の今シーズンの前半の締めくくりになる。

じゃあ、またそのとき。

ヨハネス
------------

最後のドイツのクラシックと言っているのは「エシュボルン~フランクフルト」ですね。去年はデーゲンコルプとキッテルのワンツー。一昨年はヴェークマンが優勝でした。例年5月1日に行われるレースで、ワールド・ツアーレースに入るためには日曜開催にしなさいとUCIに言われたのですが、伝統的に5月1日に開いてきたから、と断って、おかげでハンブルクのサイクラシックスがワールド・ツアーに選ばれたのでした。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/892-94db61a6

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム