fc2ブログ
2024 01 << 1234567891011121314151617181920212223242526272829>> 2024 03

廃止せねば「国約」違反

2012.02.22.08:41

東京新聞、スポーツ欄に中日がらみが多いのが玉に瑕だが 笑)、この新聞の記事にいらつくことがほとんどない。むしろ、よくぞ書いてくれたという気持ちになることが多い。特に原発関連は力が入っている。

今朝の自立支援法延命批判記事も、具体的な例がいくつか挙げられわかりやすい。

民主党は八ッ場ダム建設中止、普天間移設、子供手当と、次々と公約を破ってきたが、この自立支援法廃止はこれらの公約と比べても、格段に重みが違う。「国が調印、閣議決定までして約束した、いわば『国約』だ。最後の砦まで裏切るのか。(。。。)『国は国民との約束を破ってもいい』との、悪しき前例になりかねない。政権交代をした民主党の歴史的な存在意義は、消えてなくなるだろう」(藤岡毅弁護士)

そしてデスクメモとして記者の言葉はこうだ。

「法律とは生きていることを励ますものではないのですか」。障害がある子の元原告補佐人の女性の訴えが胸に迫る。名折れた政治主導をあざけるように厚労官僚が廃止をひっくり返す。一割負担をやめて財務省に頭を下げるのも嫌なのだろうか? 希望の芽を摘むご都合主義の政官一体は願い下げだ。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/826-8ff98b25

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム