FC2ブログ
2020 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2020 10

斎藤貴男「民意のつくられかた」

2011.10.23.11:55

斎藤貴男ってったって、ゴルゴ13じゃないよ。
民意のつくられかた民意のつくられかた
(2011/07/28)
斎藤 貴男

商品詳細を見る


この人のことを毛嫌いしているネトウヨの方々も多いようだけどね。この人の書くものはいつでも楽しく読めるものではない。いつでも読みながら腹が立つ。でも、書いている斎藤貴男はもっと腹を立てているんだろう。書きぶりは冷静なんだけどね。この人の本ではこちらもすごい本です(例によってレビュのカッタルコフスキーは私 笑)
強いられる死 自殺者三万人超の実相強いられる死 自殺者三万人超の実相
(2009/04/11)
斎藤 貴男

商品詳細を見る


さて、表題の本だけど、この本の各章の中心は3.11以前に書かれたものだが(3.11以後に加筆)、当時だったら、謀略史観的な、うがちすぎのような印象を受けて、完全に納得しない人も多かったことだろう。でも、フクシマ後、ここに書かれていることがものすごい説得力をもつようになっている。

つまり、民意とは政財官学報あげて、権力者や金持ちの都合の良いように情報操作まがいのことをして、洗脳した挙げ句に作り出されたものなのだ、ということがよくわかる。特に第四の権力たるマスコミ(報)の質の低下には目を覆いたくなる。石原慎太郎の二枚舌や森田健作のあまりにひどい馬鹿さ加減も、ここに書かれているとおりだと思う。そしてこの二人ともに、「民意」にもとづいて首長になっているわけである。また、ブログ市長として話題を集めた阿久根市の竹原市長についても、社会の腐敗や矛盾に憤慨する市長の姿勢に共感しつつ、それらを打ち倒そうとする者には絶対に必要不可欠の優しさが欠けている、という評は実に的確。

あとがきの文章をそのまま引用したい。

「こんどこそ私達は、権力への服従が「大人の態度」であり、望ましい姿勢だとされている生活様式からの脱却をめざさなければならない。原発を推進した側の暴走を批判するのは当然だが、彼らの思惑だけでは何一つできるはずがないのも、また真実であるからだ。一億総懺悔という意味ではもちろんない。推進した指導者層には私財の提供を始め、考えられ得るすべての方法で責任を取らせた上での話である。それが伴わなければ、彼らはゼロリスク・ハイリターンのパラダイスを謳歌し続け、未来永劫、同じようなデタラメを繰り返して行くに違いない。」

結局こういうことだ。フクシマのあと、この言葉を読んで、納得しない者はいないだろう。

船が沈没しそうなときに海へ飛び込ませるためになんと言えばいいか。アメリカ人なら「飛び込めばヒーローですよ」、イタリア人なら「飛び込めばモテますよ」、ドイツ人なら「飛び込むのが規則です」、日本人なら「みんな飛び込んでますよ」なんだそうだ。この日本的な同調主義、なんとかしないといけないんだろう。

良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

アンコウ
あるふぁさん、

こんにちは。ははあ、フランス人はそういうのですか 何となく微妙な笑) たしかイギリス人なら「ジェントルマンならみんな飛び込んでますよ」って言うんじゃなかったかなぁ。ほかにもいろいろありそうですが。。。

しかし、みんながそうしてますよ、で飛び込んじゃう日本人、やっぱり民主主義いまだ遠し、という気がします。
2011.10.25 08:36
あるふぁ
たびたびすみません
トルコで大きな地震ですね
親日の国なので政府はぜひ速やかな援助を願いたいですね
他国の事ですがこれを機会にぜひ原発の建設をやめてもらいたいものです
2011.10.24 02:22
あるふぁ
フランス人には”誰もとびこんでないですよ”と言うそうですね
話はそれますがそれから大抵の法律は権力者や金持ちが世の中の不公平を正当化するためのものと思えます
また格差社会に対する運動も盛んになってますね
法律が平等なのは平等な立場にいる者同士の話だと私は考えます

2011.10.23 23:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/719-d9d99219

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム