fc2ブログ
2024 01 << 1234567891011121314151617181920212223242526272829>> 2024 03

ニーアマンのツール日記(4)

2011.07.04.09:19

新人賞マイヨのジェラント・トーマス、なんか古風な雰囲気で、この顔どっか出見たことあるなぁ、と思ったんだけど、なんだろうなぁ。。。誰かに似てる、それも80年代頃の誰かって思うんだけど。。。もっともぼくが似てると言っても賛成してくれる人はあまりいないんだけど。。。

rsn ではHTCのアイゼルがこけなければトニ・マルティンがマイヨ・ジョーヌだっただろうと言ってます。チームTT前から、マルティンだ、ゲルデマンだ、クレーデンだ、とちょっと舞い上がっていましたからね。ややガッカリ論調の記事が目立ってます。

よく言われることですが、フランスって万年二位のプリドールが人気者になるような国なのに対して、ドイツって勝たないと人気者になれない国なんだとか。。。マイヨ・ジョーヌを着ることができなくちゃダメなんでしょうかね。どうして二位じゃダメなんですか! 笑)

------------
今日はチームタイムトライアルの日だった。でもウチのチームではスペイン人チームメイトのおかげで「チーム・タイム・トラベル」という名称のほうで呼ばれている。

23キロにおよぶ旅の結果は、ガーミン・サーヴェロに遅れること12秒の7位で、ファン・デン・ブルック、コンタドール、バッソ、サンチェスといったライバルたちに対して時間を稼げた(ライバルってもちろんヘーシンクのライバルだよ)。ぼくらとしては大満足だ。

ぼく自身としては、チームTTってこれまでのキャリアでだいたい100回ぐらい経験しているんだけど、やっぱりナーバスになったね。スタート台から転げ落ちそうになったぐらい緊張したよ。昨日の第一ステージは調子があまり良くなかったから、今日はチームのみんなに迷惑をかけなければいいが、って思っていた。

でも、レース中はありがたいことに調子が良いと感じたし、先頭を牽くことも問題なくうまくいった。スタート前に取り決めておいたのは、ゴール前2.5キロの最後のアップダウンで牽く選手は全力を出し切って、そこで終わりにして離脱するってことだった。

そして、その役がぼくだった。最後に長く牽いて、それから頭を振って、チームメイトたちには、ぼくはここでおしまいにするから、みんなで最後の2キロをがんばれよって知らせたんだ。
------------

いや、前にも書いたことがありますが、チームTTってやっぱり最後のほうで全力を振り絞って切れていく選手たちが格好良いんで、そういうところをメインに、ラスト5キロぐらいから各チームに密着してバイク追走で移して欲しいと思うんですけどね。

というわけで、タイムを見ると、はやくもニーアマンは先頭から4分37秒遅れ。切れたのがラスト2キロだったから、チームから遅れること1分以内ですんだってことですね。彼が守るべきエースのヘーシンクは先頭から12秒遅れでついてってます。なんか、だんだん旧ミルラム以外に、ヘーシンクを応援しようかなっていう気になってきました。おれって単純??


良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

アンコウ(旧ヴァルデマール・シュトルンク)
ふふふ、同意してもらえてうれしいです。なんででしょうね?あの耳の後ろの髪の毛の感じかなぁ。

ヘーシンク、ええっ、Burd-c-cheta さんもそんな歳??ヘーシンクのあとに重量級の金メダリストになった選手もプロレス入りしましたよね?今だったら総合格闘技か?
2011.07.04 15:11
Burd-c-cheta
こんにちは。

自分は今年もツール中継を見ていないで、公式HPのダイジェスト映像しか見ていないのですが、G・トーマスが80年代の風貌をしているのには同感です!

ヘーシンクも、名前だけだったら古い感じがします(笑)。自分はプロレスに転向してからのヘーシンクしか知らないんですけど。
2011.07.04 10:39

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/595-7c5103ea

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム