fc2ブログ
2023 01 << 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 2023 03

キッテル、バイエルン日記(3)

2011.05.28.21:19

続けていきます。ひどい雨だったようで、集団も分断。優勝候補筆頭と見られたカンチェラーラは完全に優勝の望みがなくなりました。さすがに得意のTTでも、26キロで5分は無理でしょう。キッテルもダメ、でも拙ブログでおなじみのフレーリンガーが良い位置につけてます。ただなぁ。TTが得意ではないようだからねぇ。

---------------
ゆっくりと手足がむずむずし始めてる。これは体が徐々に温まり、再び手足の感覚が戻ってくる兆候なんだ。きょうは本当に寒くてずぶぬれだった。バート・ゲッギングのスタート後はまだよかった。乾燥していて気温20℃。早めのアタック合戦と高い平均速度がそれに加わった。もちろん汗みどろになったのはぼくだけじゃなかったけど。。。

きょうはまた辛い一日になるだろうとみんな予感していた。だから最初から警戒していて、アタックにはみんな反応した。45キロ後に二人が集団から抜け出したとき、ようやく集団は落ち着いたように見えた。でも嵐の前の静けさだったんだ。アイヒシュテットのブルーメ山の山岳ポイントで集団がそれこそものすごい勢いで登り始め、何が起きたかわからないほどだった。もう例の「石ころ作戦」は役に立たなかった。

ここの観客はまたしてもすばらしかった!でも正直に言って、この山をレースで登るのはもう結構。こんなに長く転倒しないように苦労するのは嫌だからね。

幸い、ウチのチームではロイ(キュルフェルス)、ジーモン(ゲシュケ)、ヨハネス(フレーリンガー)が前に残ったので、僕たち他の選手は「生き残る」ことに集中できた。そういうわけで、ぼくらは大きな集団になって残りの70キロをゴールへ向かった。そして途中でどうにかして体温を下げないように努めた。

ロジャー(クルーゲ)はチームカーにレインジャケットを置いてきちゃったんだけど、チームカーは先頭グループについて行っちゃった。だから彼はFDJからレインジャケットを、レオパード・トレックからレインキャップを借りた。彼が新しい装束を身にまとって集団に戻ってきたとき、笑いをこらえるのに苦労したよ。でもこのおかげで少しは寒さを忘れることができたし、笑っている選手たちもたくさんいた。

ゴールに到着して、ヨハネスが7位になったことを知った。総合では4位だ。明日のTTに気合いが入るだろうね。気合いが入ると言えば、ジーモンもそうだ。彼の1分前にカンチェラーラがスタートするんだ。チーム内だけだけど、もし彼がカンチェラーラを捕まえたら、かなりの額の賞金がもらえることになっている。

どうなるか、まあ楽しみにしててね。ぼくもTTでどうなるか、楽しみだ。だけど、あまりぼくに期待しないでね。なにしろ今シーズン最初のTTなんだから。

マルセル
--------------

まあ、ゲシュケがカンチェラーラに追いつくことはあり得ないでしょうね。でもパンクとかメカトラとかで可能性があるかも。それでも賞金がでるのでしょうか?

それと、キッテルってもともとTTスペシャリストの触れ込みだったんですよね。U23の銅メダリストですからね。そういえば金メダリストのフィニーはなかなか名前が出てこないなぁ。。。。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/548-798c6d25

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム