fc2ブログ
2024 02 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2024 04

ビン・ラディン殺害について

2011.05.02.23:35

言うまでもない、ぼくはアルカイダのシンパだったわけではない。当たり前だ、無差別テロを支持するはずがない。でも、ビン・ラディンを殺害したからといってホワイトハウスの前で喜んでいる人たちの気持ちが、ぼくにはまったく理解できない。

ビン・ラディンは単なる象徴に過ぎないだろうし、彼がいなくなっても第二第三のビン・ラディンは生まれてくるだろう。これでテロがなくなるわけではないだろう。

世界が富ある者がより富を得、権力ある者がより強い権力をふりかざせるようなシステムになっている限り、それに抵抗する者はかならず出てくると思う。

たとえが乱暴なのは承知の上で、あえて言えば、ナチス占領下のフランスでのレジスタンス運動だって連想できる。世界がこれだけゆがんでいる中で、それに抵抗する者を力でつぶし、多くの無関係な人々も巻き込んで殺害するのは、まるでナチスのやり方ではないのか?(言うまでもないが、ここではあえて無差別テロや自爆テロというそのやり方については触れない)

それとも人々は、アルカイダは仮面ライダーのショッカーやガッチャマンのギャラクターみたいな、世界征服をもくろむ絶対悪の組織だと、本気でおもっているんだろうか?

それにビン・ラディンが同時多発テロの首謀者だというのは、間違いないことなのか?なにか途方もない謀略だという可能性はないのか?しかし、これで首謀者とされる男の口から説明を聞く機会は永遠になくなってしまったわけである。なにかものすごく違和感を感じるニュースである。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

sdy
暴力に暴力で対抗して、相手を殺害とは、うすら寒い世の中だと思います。一神教的な善悪の考え方がそうさせるのでしょうか。
2011.05.05 18:17

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/524-fc002abe

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム