fc2ブログ
2024 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2024 05

今日の東京新聞、希望すら災厄

2024.02.09.11:45



パンドラはゼウスが、火を手に入れた人類をこらしめるために送り込んだ人類最初の女性で、神々が開けないことを条件に渡した箱を開けたら、ありとあらゆる人類にとっての災厄が飛び出して、世界中に広まったというギリシャ神話の中のお話です。

ウィキペディアで見ると、箱の中から出ていかなかったエルピス(希望)というオチの解釈は通常は希望が逃げていかず、人間の手元に残った、だから酷い災厄だらけの世の中でも人間は絶望しないで生きていける、というのが一般的だそうです。

たしかにあらゆる悪に対して絶望しかなければ人類は死滅しそうですがね。希望のベクトルが間違っていると、人々の善意につけこんで、悪はどんどんはびこりそう。

しかし、ここまで嘘ついてデタラメやってもほとんどの人が怒らない。しかも独裁国家ではないから、自民党以外の政党が禁じられているわけではないし、反体制の人たちが暗殺されたり牢獄に入れられることもない。デモをする権利も憲法で保証されている。なんだろう、この無気力は?

公明党だって、支持者たちは自民党とくっついていることになんの不快感も持たない。しかも創価学会の信者って、聞くところによると中小企業や小売店の人たちが多いそうだ。自民党がやってることは、日本を大企業だけにすることだ。つまり応援している政党は自分たちの首を絞めにきている連中とつるんでいるわけだよ。

しかも自民党のデタラメが国民をすこしでも今より幸せにしようという思いのもとで行われているならともかく、北陸なんか明らかに見捨ててるよね。いや災害にあった人たちだけではない、日本の多くの人々をすでに切り捨てようとしている。だけど多くの人は怒らない。

拙ブログはもう14年目になる。最初の頃には、この辺りでブレーキ踏まないと事故るぞ、と思ったし、そう書いたこともあると思う。でもドカンと事故れば目が覚めるけど、なし崩しなんだね。ちょっとこすった、ちょっと傷ついた、ちょっとぶつけた、まあ、いいか。こんな気分なんだろうなぁ。でもすでにあちこちボコボコでそろそろ走れなくなるよ。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/4829-e29b2a78

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム