fc2ブログ
2023 01 << 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 2023 03

今朝の東京新聞、精一杯のメッセージ??

2022.10.24.13:39

皇室に興味はない。女系天皇云々の話題もまるで関心がない。天皇制についてどう思うかと言われれば、反対だというけど、これについて理由などは天皇制私感と題して前に書いた

そこにも、そしてそれ以前からも、何度か書いたように、昭和天皇に対してはある種の怒りを持って見ていた。だけど現上皇に対しては、むしろ好意を感じているから、以前ここでも紹介した森達也の小説「千代田区一番一号のラビリンス」も楽しく読めた。

というわけで今日の朝刊に出ていた記事。


記事にもあるように、天皇は政治的な発言は絶対できないから、ここまでなんだろうなぁ。昨今の、議論をゲームにして勝ち負けつけたがる変なYouTuberとかの沖縄蔑視発言を、天皇が意識しているのかどうか、そもそも天皇がそういうニュースを知ることができるのかどうか、それはわからないけど、あのYouTuberの発言と並べてみれば、なんとなく意図がわかるような気がするけど。。。

昭和天皇は自分が戦犯容疑を逃れるために沖縄をアメリカに差し出したと言われている。実際その後も沖縄はずっとアメリカが使えばいいと言っていた。だから現上皇が皇太子時代に初めて沖縄に行った時、上記の森達也の小説にもあったように火炎瓶を投げつけられたりした。

だけど上皇はそれにもかかわらず、沖縄をずっと気にし続けてきた。つまり父親の全く逆の道を進んだわけだ。今上天皇もそれを引き継いだんだと見なして良いのだろうね。「広く国民の間に沖縄に対する理解が一層深まる」ことを期待すると言った以上、保守とか右翼とか愛国とかを標榜する人たちは、沖縄に対してどのような態度を取るべきかは自ずと理解できるだろうね。

前にも書いたことだけど、沖縄戦の最後期、1945年6月、現地の海軍司令官の太田実は自決直前に長文の電文を出す。その最後はこう書かれていた。

一木一草焦土と化せん。糧食6月一杯を支えるのみなりという。沖縄県民かく戦えり。県民に対し後世特別のご高配を賜らんことを。
(読みやすいよう表記を変えてあります)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/4490-eb9af9a1

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム