fc2ブログ
2022 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2022 12

1960年代ミロワール誌多数ゲット 笑

2022.10.01.12:25

名称未設定

ヤフオクで1960年代のミロワール・デュ・シクリスムを25、6冊手に入れました。さっそく我が家の悪戯猫がこれ見よがしにクンクン、スリスリ、ゴロゴロしにやってきました 笑) 我が家にはやたらと愛想の良い保護猫のこいつと室内で飼っている野良猫の二匹がいるんですが、野良猫のやつには以前ミロワールの表紙をボロボロにされたことがあるので、気をつけないといけません 苦笑)

もっと古い自転車雑誌だと、以前紹介したル・ミロワール・デュ・スポールや、その後継雑誌 But et Club (以前1952年のコッピのやつを何回かに渡ってここで紹介したことがあります)もあるんですが、日本でも有名だったミロワールの創刊年の号というのが嬉しいです。

ネット検索してみるとミロワール誌は1960年1月に隔月刊で発行されて6号まで出た後、1961年1月から月刊発行になり、ナンバリングも1号からにリセットされたようなことが書いてあります。

というわけで、今回手に入った中で一番古いのがこれ。
IMG_6155.jpg

このクラシックの王者リック・ファン・ローイが表紙を飾っている1961年5月の号はリセット後の第5号というわけです。ちなみにリセット後の第1号は前年末に亡くなったファウスト・コッピへの献呈号だったそうです。見てみたいけど、これはプレミアついているだろうからなかなか出てこないだろうなぁ。

しかしこのミロワール・デュ・シクリスムもフランス共産党系の出版社から出ていたってのが、ちょっと驚きですわ。これは別の号ですが、当時の広告も楽しいです。
IMG_6156.jpg

ビール会社の名称がドイツ語的なのでアルザス地方のビールだろうと思ってググってみたら、たしかにアルザスの醸造所でしたが、1989年に倒産して、現在この名称はハイネケンが取得してアフリカで主に売られているとあります。栄枯盛衰。。。

さて、1961年といえば先日亡くなったゴダールの「勝手にしやがれ」が1960年なので、ヌーヴェルヴァーグのはじまった頃。ルイ・マルの「死刑代のエレベーター」とかトリュフォーの「大人はわかってくれない」とか「突然炎の如く」とか、アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」とか、フランス映画の黄金時代ですね。

届いた雑誌、まだパラパラ見ただけですが、そのうちヒマを見てご紹介していきましょう。ただ製本の質が良くないから取扱注意だな 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/4474-13d5cab0

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム