fc2ブログ
2024 01 << 1234567891011121314151617181920212223242526272829>> 2024 03

数年前の出来事 情けは人のためならず

2011.01.28.08:53

今の骨董デ・ローザになる前のことなので、2年以上前のことです。レーサーパンツの裾にジュース用に500円玉を挟んでいたので、おそらく夏だったのでしょう。やや広めの道路、通勤自転車の途中に歩道を歩く初老の男性に呼び止められました。

初老の男「○○駅へは、この道をまっすぐ行けばいいんでしょうか?」

ヴァルデマール「いいえ、この道ではだめです。次の角を右へ曲がってまっすぐ行くと、500メートルぐらいで○○街道に出ますから、その道です。その道なら○○駅行きのバスもありますよ。」

男「いや、歩いていくんです。」

ヴ「歩いてって、10キロぐらいありますよ。バスじゃなければちょっと無理ですよ。」

男(ちょっと困ったような表情で)「うーん、お金がないんですよ。これから○○駅の近くの仕事へ行くとこなんです。」

ヴ「失礼ながら(と言いながらレーパンの裾から500円玉を取り出す)、これをお使いください。」

男「えーっ、そんな。。。それではわたしは○○と申します、お兄さんのお名前も教えてくださいな。」

ヴ(突然顔がニヒルになる)「名乗るほどのもんじゃあござぁせん、ごめんなすって。」

木枯らしの紋次郎は、さっ、と道中合羽を翻して、自転車にまたがり颯爽と去っていく。天涯孤独の紋次郎がどういう経路で仕事場まで行ったかは、定かではない。。。

しばらくは木枯らし紋次郎になった気分で、ひとりニヤついていましたね。500円であんなにいい気持ちになれるなら安いものですって。それにお兄さんって呼ばれたのもあるし、もう少しはずんでも良かったなぁ。というわけで、情けは人のためならず、俺のためさっ!て話でした。おそまつさま。

さて、翌朝、玄関を開けると米俵が。。。これは嘘です (_ _ )/ハンセイ


良ければ、下のボタンを押してみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/435-6adfffda

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム