fc2ブログ
2024 02 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2024 04

泉房穂明石市長の感動的な話

2022.06.11.14:35



子供を本気で応援すれば、人口減少の問題に歯止めをかけることもできるし、経済も良くなっていくという主張は、リベラルな人たちは普通に言ってきたことだったけど、それを実際にやり、誰が見てもわかる結果を出したのが明石市の泉市長だ。

この人はツィートなんかでも国の政策に強烈な皮肉を飛ばしたりして目立っていたけど、小気味いいですねぇ。最初から最後まで文字起こししたいところですが、いくつかピックアップしてご紹介します。むろんこれ読むより YouTube 聞いてほしいけど。

「明石市独自の5つの無料化と言っていますが、すべて所得制限はありません。(。。。)医療費については18歳まで完全無料です。(。。。)保育料は二人目以降完全無料です。3人目も4人目も、子供の年齢も関係ありません。セコイ要件は足しません。オムツについては1歳まで無料で、家にお届けします。給食費は中学校まで無料、遊び場も親子とも無料にしています。」(1分30秒)

「(養育費の立て替え、別居親子交流、無戸籍児支援、児童扶養手当毎月支給、全ての小学校区に子ども食堂、児相の第三者審査)これら全部全国初です。自慢できることではありません。世界でのグローバルスタンダードは日本ではやっていない施策ばかりなんです。日本がしないから、やむなく、明石市がグローバルスタンダードの施策をしているだけでありまして、私としては子供に対して申し訳ない気持ちで、遅まきながらやっているという認識であります。」(2分15秒)

明石市は全国一の人口増加率になっているそうだ。「しっかり子供に力を入れたら、出生率上がるのは明らかであります。」(5分15秒)

出生率が上がると地域経済も好転し、税収も増える。「明石市はあらゆることにお金を使っていますが、それでも50億円積み足しているのです」(6分14秒)

「子供を応援するのは子供のためだけではありません。私も含めたみんなのための施策と、この発想の転換が一番大事だと思えてなりません。」(7分)

「すべての子どもたちを、街のみんなで、本気で応援すれば、街のみんなが幸せになる。ポイントは(。。。)本気です。フリではないんです。フリをやってられる時代ではありません。本気で子供の応援をするんです。そのことが、まさに、国民みんなのためであるということを語るということが大変重要だと思っている」(7分23秒)

「繰り返しお伝えしますが、お金がないからセコイことをするのではなくて、お金がない時こそ子供にお金を使うんです。そうすると地域経済が回り始めて、お金が回り始めることをぜひお伝え申し上げたいと思います」(6分22秒)

また、国に対する批判も堂々たるものである。

明石市独自の子供の医療費無料化を推し進めたところ、国からの嫌がらせを受けたそうだ。
「たとえば明石市では子供の医療費無料化をどんどん拡充を図って、18歳まで無料化をしました。何がおこなわれたか。国による嫌がらせです。1800万円も国のお金【地方への交付金?】を減らされています。どういうことですか? 国は地方を応援しているんじゃないんですか? 子育てに頑張る地方に対して仕打ち(?)するようなことをやめていただきたい。」(10分10秒)

「(児相の充実化について)国のルールを守っていたら子供が死ぬ。どうして子供がこんなに死に続けるのか、国のルールが間違っているからです。」(12分50秒)

泉市長が強調しているのは所得制限などというセコイ枠を決めるな、すべての子供たちへの支援が大切で、そうした方がお金がかかるとしても、効果が大きいということだ。

「所得制限したら予算は減ります。でも効果は薄いです。所得制限をかけない方が出生率も上がり、経済も良くなるんです。お金はかかりますけど、効果はより大きいんです。」(14分40秒)

泉市長の話の中で、何度も繰り返し「セコイお金」ではなく、そしてやってる「フリ」ではなく、本気の支援と言われるけど、これ明らかに今の自公政権や大阪の維新政治に対する批判だろうね。

これだけ説得力のある話、維新の松井や吉村にできるか? しかも実績に裏打ちされているしね。明石市が羨ましい。

追記 漢字変換の間違い多数だったので直しました。6/12, 15:30


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

アンコウ
あるふぁさん、

おっしゃる通りです。泉市長が実績を作ってくれたわけで、これをもっとみんなに知ってほしいけど、どういうわけか、TVや新聞ではこの話はほとんど触れられません。
2022.06.12 21:21
あるふぁ
昔は貧乏人の子沢山なんて言われてましたけど
今は貧乏人は子持てないですもんね
絶対数の少ない金持ちの優遇を続ければ全体数が減るのは社会構造の摂理だと思います
2022.06.12 17:13

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/4341-7beffa2c

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム