fc2ブログ
2022 11 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2023 01

香月泰男展 in 練馬区立美術館

2022.03.11.00:06

IMG_5389.jpg

昨日に引き続き、今日も展覧会へ。310の東京大空襲の日で、ウクライナでロシアの侵略が行われている時だから、今日行くべきだろうと思って。。。

トリノの聖骸布っていうのがあって、死んだキリストを包んだ布だとされるもの。まあ、間違いなく偽物でしょうけど、そこに写ったキリストの顔がどう言ったらいいんだろう、痛々しいとか、無惨という言葉と同時に、厳かというか厳粛というか、まあキリストの像だから重みも感じさせる。

香月泰男のシベリア・シリーズの黒い顔は、西洋のロマネスクやゴシックの彫刻の影響だというけど、僕はむしろトリノの聖骸布のキリストの顔を連想した。

戦争が終わったというのにシベリアに抑留され、半年で1割の抑留者が死んだという。おそらく毎日誰かが死んでいく中でも、ある種の人は(ひょっとしたら誰でも?)美しいものを美しいと感じるんだろう。これはもう想像でしかないけど。

アウシュヴィッツを知った後で詩を書くなんて野蛮だとは、ドイツの哲学者のセリフだけど、実際は人はアウシュヴィッツの後でも詩を書かなくちゃならないのかもしれない。それともうひとつ、強く印象に残った香月泰男の言葉がある。こんな言葉。

「戦争の悲劇は無辜の被害者の受難によりも、加害者にならねばならなかった者に、よりおおきなものがある」

ウクライナ戦争に絡んで、あまりにさまざまな、陰謀論めいた、あるいは完全にフェイクだろうというようなニュースがたくさん流れていて、僕らにはその中から本当のことを選り分けることはできそうもない。ウクライナの一般の人々の受難には言葉もない。一方で人殺しを強要されるロシアの兵士たちは?

どこに視点を置くかは大切だ。9条じゃあ日本を守れないという人たちは被害者になることを心配しているのだが、上の香月泰男の言葉は、9条がなくなれば加害者になるかもしれないということを、僕らに思い出させてくれる。そして9条の意義はいうまでもなく後者の視点にこそある。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/4247-92a7cffc

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム