fc2ブログ
2022 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2022 06

岩波ホール閉館

2022.01.14.13:56

本箱をごそごそしていたら岩波ホールのパンフが確認できただけでも14、5あった 苦笑)

IMG_4861.jpg

かなり久しぶりに見たけど、どれも結構記憶に残っている。というわけで、今日の東京新聞にも社説で載っていた。



確かに昔は若い男女の観客も多かったんだけど、2010年、このブログにも書いた「海の沈黙」で、15年ぶりぐらいに岩波ホールへ行ったら、観客のほとんどがシニアじゃないかと思うぐらいだった。

その後も岩波ホールで見た映画は拙ブログに書いてきた。「緑はよみがえる」もいい映画だったし、「ゲッベルスと私」と、その第二部にあたる「ユダヤ人の私」も、最近ここで見た。だけど、やっぱり客の年齢層は、僕も含めてシニアばかりという印象。

だけど、問題は客の年齢層だけではないよね。これだけ文化的に大きな貢献を果たしてきたところを、あっさり潰してしまっていいんだろうか。

東京新聞の社説によれば、国の予算に占める文化予算の割合は、韓国の10分の1程度なんだそうだ。他にも確かドイツでの映画への助成金はびっくりするようなものだと聞いたことがあるし、コロナでの給付金も、音楽家や美術家、俳優など文化的な創造者に対する給付の速さと額は、地球の裏側の日本でも随分話題になった。

最近聞いた話でびっくりしたのは、アベノマスク、眼帯か?っていうような、安倍以外誰もしてるのを見たことがない布マスクの予算が、はやぶさ2の予算とほぼ同じ額なんだそうだ。これ、どっちに驚けばいいんだろうね 笑) 

さて、岩波ホールに戻って、上記の「ゲッベルス〜」と「ユダヤ人〜」は第三部が作られているという話だが、それはもしかしたら日本での公開はできなくなってしまうんだろうか。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

アンコウ
CYPRESSさん、

拙ブログでも繰り返し書いてきた「教養」というものが馬鹿にされるようになって、もう恥も外聞もなく露骨な拝金主義に陥ってしまったニッポンちゃちゃちゃ。これも拙ブログで繰り返してきた「安倍的空気」でもう日本は取り返しがつかないところまで来ちゃったね。それに輪をかけて文楽への補助金をやめようとした橋下率いる 苦笑)維新の大躍進だよ。自分達は金儲けに血道を上げ、役人バッシングによって国民のサービスを切り下げようとしているってのに、気が付かない人が多すぎですよ。
2022.01.16 17:25
CYPRESS
『山の郵便配達』も岩波ホールで上映されていたのを覚えていたから、
DVDを買った。
ロケ地が奥多摩みたいな所、植生がソックリでビックリした(笑)。


今の財界人は明治の財界人と違って芸術に接していないから、当然お付き合いする(笑)政治家も役人も芸術とは無縁。
援助なんかするはずないよねぇ。
2022.01.15 02:09

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/4203-389cd9fe

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム