fc2ブログ
2024 02 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2024 04

山本太郎の会見から、その人間観

2020.07.18.13:59



命の選別を政治が行うと発言した大西つねき発言と彼の除名に関する山本太郎の会見を聞いた。途中でこんなことを言っていた。

---------
この問題をこの人はそんなことを言う人じゃないよということで片付けないでいただきたい。実際にそう言ってます。それを見つめることが必要。大西さんにも多くのファンの方々がいらっしゃいますけれども、ぜひこの問題と向き合っていただきたい。大西つねきの中にあったものはおそらく山本太郎の中にもあるかもしれない。だからそれを自制しながら、そうしちゃいけないっていうことを考えていかなきゃならない。誰の心の中にもある社会的な問題なんだと、大西つねきさんを入り口に、(この)社会の問題というものにもう一度みんなが向き合うそういう機会にしていただければ、というふうに思います。何よりもこの社会的な問題に対して、私たちれいわ新選組の中にもそれが存在していた。そしてれいわ新選組の中にも存在していたというそのものが、許されないものが、ひょっとしたら、私、山本太郎の中にもあるかもしれない。そういった緊張感の中でしっかりと、弱い立場に置かれた方々の最前に立つと、私たちが立党の時に示した精神をより強固なものにしていく。そのお約束をさせていただきます。(上のYouTube動画の31分から)
--------

命の選別云々については書くことなどない。いうまでもないことだ。すでにこの世の中は命の選別をしている、末期医療の現場では命の選別をしているなどと言ってる人もいるが、土俵の違う話だ。山本太郎が言っているのは政治の場での話。

上に引用した人間観が、手前味噌で恐縮だけど、拙ブログで書いたことと重なっていると感じた。山本太郎の語る反緊縮・積極税制を中心とした経済政策の提案に対して、僕は正直に言ってわからない。ただ、この人は本物だ、と感じたのはこういう、街頭インタビューなどの時にも話の端々に出てくる彼のこういう人生観、人間観に共鳴するものがあったからだ。

拙ブログのエピグラムにしている漱石の「いざというまぎわに、(普通の人間が)急に悪人に変わるんだから恐ろしい」という言葉は、現代の、あるいは歴史の様々な事象を考えるときの大きな手がかりになると思っている。

また、映画「否定と肯定」でアウシュヴィッツを見た弁護士が語ったセリフ「恥を感じた。もし自分があのような立場に立たされたら、自分だって同じことをしただろう」が、自分を被害者ではなく、悪をなす可能性のある者として考えるこの見方が大切だというのは常々書いている通り。だからこそ、そうした悪に取り込まれないように、悪と向き合い、常にそれを反省することが大切なんだと思う。これ、きれいごとじゃないと思うよ。

参考
辺見庸「1⭐︎9⭐︎3⭐︎7⭐︎」
「ヒトラーの娘たち」覚書き
南京事件個人的論争顛末記 笑)
堀川恵子の二冊の「永山則夫」本
Ch.ブラウニング「普通の人びと」とそこから思うこと
映画「日本鬼子(リーベンクイズ)」
自らのザマアミロ感を憎むこと
なんか、適当に検索したら山のように出てくるからこの辺でやめときます。結局私は同じことしか言ってない 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

アンコウ
CYPRESSさん、

なんでもしますよ、人間って奴は。戦争の様々なエピソードを見れば、立派な人だって下劣な奴だって、いざとなればほとんどみんな同じことをする。だけど、その後が問題ね。だからしょうがないんだ、と開き直ったらおしまいです。そうではなく、そういう負の面を意識して、そこの闇に取り込まれないようにしなければ、人類はもうすぐ滅ぶでしょう、そんな気がするのですよ。

山本太郎が言ってるのもそういうことだと思う。

何か大風呂敷を広げてるみたいだけど、個人個人の問題だと思うんだよね、こういう意識って。連れ合いは、あんたの考え方ってキリスト教ではなく仏教ね、と言いますが、私はよくわかりません 笑)
2020.08.20 21:34
CYPRESS
ここのブログ主殿程本を読んでないけど、
この記事に書かれている様な事を読んだ記憶があったんで蔵書(笑)をあちこち拾い読みしたらあった(笑)。

歎異抄だった。
偉大な仏師運慶なんかと同じ平安から鎌倉にかけての親鸞聖人ね。
梅原猛の訳。
第十三条

>ふと何か暗い運命に左右されるとき、どんな悪業でも平気でするのが人間ではないかと、親鸞聖人もおっしゃいましたのに、

やはり古典を始め、本を読まないかんね。
2020.08.20 20:26

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/3788-e46baf31

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム