fc2ブログ
2024 01 << 1234567891011121314151617181920212223242526272829>> 2024 03

相模原事件の判決について

2020.03.17.17:49

拙ブログでは何度かこの事件について書いた。

今回の大量殺人事件について
今回の大量殺人事件について(続き)
今回の大量殺人事件について(その3)
今回の大量殺人事件について(その4)
立岩真也・杉田俊介「相模原障害者殺傷事件」覚え書き
「開けられたパンドラの箱」感想

昨日判決が出た。犯人自身は自分は良いことをしたのだと言い続け、トランプや安倍ならわかってくれると思っていたようだし、今も思い続けているんだろうと思う。

こういう強い思い込み、自分が死刑になる可能性が高いのにそこから逃れられないのって、ある種の「才能」だと思う。「強い思い込み」という言葉を使ったけど、これが例えば先日ここで紹介したテレンス・マリックの映画「名もなき生涯」なら「信念」という言葉になるだろう。今回のように「強い思い込み」から人を次々と殺す一方で「信念」から自らの命を捨てる。これって同じコインの裏表のような気がする。無論やったことがまるで真逆だから、こんな言い方をすると怒る人も多いだろう。ただ、どっちにしても僕にはこんな強い「思い込み」も「信念」もない。普通の人にはないだろう。そういう意味である種の「才能」だと思うわけ。

でも、この「才能」がどっちに向くかはいろんな要素が働くんだろう。今回の犯人の場合は今の社会を覆う雰囲気が大きく影響したんだろう。つまり今の社会、自己責任を言い募る社会(その実、権力を持つものたちは口先ばかりで責任を取ろうとしない)、人間の価値を生産性とか経済効率で語りたがる社会、こういう社会が犯人を生み出したんだと思う。

そういう社会の中で、山本太郎が言うように、自分が役に立つところを見せようとして、役に立たない(と彼が思いこんだ)人たちを殺したのが犯人だった。

だから、障害者を排除して日本の財政負担を軽くするべきだと盲信した馬鹿な犯人を死刑によってこの世界から排除しても社会は変わらない。排除の連鎖を断ち切らなければ、世の中は変わらない。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

アンコウ
あるふぁさん、

FBではある人が、安倍はトランプをはじめとするアメリカの委託で、日本を滅茶苦茶にしてから次の政権に手渡すよう命じられているそうです。経済的とか人々の生活という具体的なところ以上に日本人の「心」が破壊されているような気がします。
2020.03.20 13:15
あるふぁ
つまるところ、自分だけ良ければいい、自分の友だけよければいい、
自分の街だけよければいい、
自分の県だけ良ければいい、自分の国だけよければいい
の親玉がトランプでその子分が安倍って事でしょうか
2020.03.19 11:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/3728-3b3afa28

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム