fc2ブログ
2024 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2024 06

パリ〜ルーベの石畳にデーゲの名

2020.02.12.17:37



パリ〜ルーベ、今年も全部で50キロ以上の石畳区間を走るようですが、そうした石畳区間の17セクターが、2015年に優勝したデーゲンコルプの名前で呼ばれることになったそうです。

ん? ツールのラルプ・デュエズのように、過去の優勝者の名前が各コーナーに看板になって掲げられているのを連想しますが、パリ〜ルーベでそんな慣習があるんだ?と思ったら、ちょっと事情が違いますね。

常々パリ〜ルーベへの愛を表明しているデーゲンコルプは18年の10月から「パリ〜ルーベ友の会(レ・ザミ・ドゥ・パリ〜ルーベ)」の大使役を務めているんですが、去年の春、このレースのジュニア版が財政難でできない可能性が出てきた時に、自発的にクラウドファウンディングを実行してジュニア版が開催できるようになったということなんかがあったようで、それに対する感謝の意味があるようです。

「僕の気持ちを表せる言葉が見つからない。最初にこの話を聞いた時には本当に冗談だと思ったんだ。「クラシックの女王」、「北の地獄」、僕の大好きなレース、パリ〜ルーベのコース上の石畳区間に僕の名前をつけてもらえるなんて、そんな名誉なことを想像もできなかったんだ。プレステージの高い、レースの中でも最も長くハードなものの一つだよ? 畏れ多くて、そんなこと空想だってできなかった。こうして顕彰してもらえるなんて本当に名誉なことだよ。僕がどれほどびっくりして感動し、どれほど幸福か、誰にもわからないだろう。

確かに僕はこのレースに勝ったことがあるけど、同じことをしたのは他にも100人もいるんだ。ツールでこのコースが入ったステージでも勝ったけど、同じことをした選手は他にもいる。信じられない。僕はこんな奇跡を可能にしてくれた人たちみんなに感謝しなければならない。これはただ嬉しいだけでなく、責任も伴う。」

さて、今年のパリ〜ルーベ、モチベーションは頂点まで上がってるでしょうけど、ちょっと力が落ちたよねぇ、と感じているのは僕だけか? 


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/3706-5b11931f

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム