FC2ブログ
2019 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2019 12

映画「ゴールキーパーの不安」(ネタバレ)

2019.10.12.12:39


原作のペーター・ハントケがノーベル賞ということで、「ベルリン天使の詩」は有名すぎるから、へそ曲がりの私としては、同じくハントケの原作をヴィム・ヴェンダースが映画化(初長編)した「ゴールキーパーの不安」を紹介します 笑)

昔見たときにはどこが面白いねん! さっぱりだわ、と思ったものでしたが、さすがに「サタンタンゴ」を一月ほど前に見たばかり。もうこの程度では怖くないですね 笑)

サッカーのゴールキーパーが試合中に審判を小突いて退場になり、試合中に着替えて帰ってしまいます。映画を観にいき、受付嬢と仲良くなって一夜を過ごすも、翌朝、理由もなく彼女を扼殺。冷静に指紋などを拭き取り、バスに乗って昔の彼女?に会いに行きます。。。何しろ淡々としてて説明がないし、殺人のシーンもアップもなく、え?殺しちゃったの? という感じ。しかもその直後のシーンが主人公が丸まって寝ているシーン。人殺してそのまま寝ちゃったのね?? もう理解不能であります。その後も淡々と日常の生活のワンシーンが積み上げられるだけ。ですから、最後まで劇的なことは起こらず、追い詰められる犯人のサスペンスもないままです。

全く見当違いかもしれないけど、やけに劇的な音楽と日常的なつまんないやりとりを切り取る場面の連続に、ゴダールの「アルファヴィル」の音楽やつなぎ方を思い出したりしました。内容はまるで違いますが。

あと、主人公はやたらと映画を観に行きます。ただし、最初にちらっと映る西部劇?らしき白黒映画のワンカットを除き、彼が映画を観ているシーンはないんですけど。ただ、題名は二つわかります。一つは「レッドライン7000」というハワード・ホークス監督でジェームズ・カーン主演のカーレースアクション映画とドン・シーゲル監督でリチャード・ウィドマーク主演の「刑事マディガン」。

当時のヴェンダースが好きだった映画なんでしょうね。残念ながら私はどちらも観てません。でもジョン・ウェインの西部劇で有名なハワード・ホークスとクリント・イーストウッドの「ダーティー・ハリー」で有名なドン・シーゲルですから、だいたいどんな映画か想像がつきます。そして、このヴェンダースの映画の雰囲気はこうしたアメリカの「面白い」映画の雰囲気はまるでありません 笑)

一箇所やたらと綺麗なオレンジ色と青の夕焼けが出てきますが、ヴェンダースがこの10数年後に作った「パリ・テキサス」を連想しました。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/3636-9433f13d

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム