fc2ブログ
2024 01 << 1234567891011121314151617181920212223242526272829>> 2024 03

選挙まで一週間

2019.07.14.16:38

しかし、どう考えたって自民公明与党が勝てば消費税は10%になり、社会の格差はどんどん広がり、大企業が優遇され続け、非正規雇用がふえ、原発はこのまま地震列島の上でチキンゲームを続け(地震が起こるたびに原発は大丈夫とニュースが流れるのって、それだけでも異常じゃない?)、年金も減り、自衛隊は海外の「戦争」に駆り出される(冗談ではなく、本気で徴兵制を語る自民党議員だっている、それも一人や二人ではない)。

こんなのわかりきったことなのに、それ以上になにか価値があると思うものが人々の間にあるのだろうか? 大金持ちが与党に票を入れるのは、まだわかるけど、大金持ちでもない人たちが与党に投票するって、戦争に行くかもしれない庶民が戦争しろ!って言ってるようなものだろうに。

権力を持つ連中が自分の取り巻きや「よいしょ」する連中だけを優遇し、税金を大量投入して儲けさせ、悪いことをしても逮捕させず、しかも呆れるほど堂々と嘘をつき続けている。公然と嘘をつき続けている。(嘘の内容を示せという人は、安倍、嘘でググれば幾つでも出てくるだろう。)恐ろしいのはその嘘を嘘だと指摘もせずに垂れ流すマスコミだ。嘘でも堂々と言って、それを検証しなければ忙しい人たちはそれを信じる。

僕は今回は山本太郎のブームに乗るつもりだけど、YouTube なんかで見る限りものすごい熱気だし本当に「革命」が起きるんじゃないかとすら思える。でもきっと蓋を開ければ大したことにはならないのかもしれない。海外での「革命」のニュースを見ると、日本という国は確かにネトウヨたちが言うように、特殊な国なのかもしれない。

例えば南京事件の話などすると、彼らは「日本人がそんなことするわけないじゃないか」と言う。櫻井よしこが同じことを言っているのも聞いたことがある。ずっと、彼らはなぜ日本だけ特殊にしたがるのだろうと不思議でしょうがなかったけど、ひょっとしたら彼らが言うのとは違う意味で、現在の日本は世界のなかで特殊な国なのかもしれない。

思い出してみれば、原発事故があった時、反原発集会で代々木公園に集まった人の数は「たったの」17万人にすぎなかった。海外だったらその十倍集まってもおかしくなかっただろう。この国が昔からそうだったわけではないと思う。60年安保の時はもっと人々は怒ったんじゃないだろうか? それもこれも、やっぱり当時の人たちは戦争を知っていたからだろう。戦争でどんな思いをしたか知っていたから、あの戦争で戦犯だった男がトップになるような政府に対して、そしてそういうトップがかつて「敵」として人々に戦えと命じたはずのアメリカと手を繋いで、日本を危機に陥れる可能性に対して「否」の声をあげたのではないか?

田中角栄を始め、歴代の首相たちの多くが、戦争を知っている者(=あくまでも戦争でひどい目にあった者の意味だ)がいる間は大丈夫だが、戦争を知らない人たちの時代になったら危ないというようなことを(様々な表現であれ)警鐘をならしていたのは、こういうことだったんだな。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意いですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

あるふぁ
山本太郎は若い人にはへんな話をするいかれたやつとしか認識されてない様です
情報操作が行き届いている様です
へんな話をするいかれたやつは、受けたらない奴だと思うけどね
2019.07.14 21:10

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/3545-b3a5a5e3

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム