FC2ブログ
2019 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2019 12

金子文子「何が私をこうさせたか」覚書き

2019.04.13.22:47

IMG_3225.jpg

先日紹介した映画「金子文子と朴烈(パク・ヨル)」で、意地悪な看守が、金子文子が書いた獄中手記を読んで徐々に二人に同情するかのように態度を軟化させ、最後はひっそりと彼らの裁判の傍聴までするというエピソードが挟まれていた。僕としては、この看守役のあごひげの、いかにも高圧的な官憲らしい顔と、その後の何か感じるところがあるかのような顔にとても心打たれた。

その獄中手記を読んでみたいと思って、図書館で予約したら、映画のせいもあったのか、2人待ちだった。で、読んだ。なるほど、ものすごい話だった。この本は、映画でも彼らに同情的な検事として出てきた立松懐清の勧めに従って幼い頃からの生い立ちを書いたものだけど、よくもまあ、こんな人生を送ってきた22、3の娘が、これほどまでに立派な文章を書けることに、まずびっくりする。

父と母は金子文子の出生届を出していない。そして父は母の妹と駆け落ちする。残された母の方も、次々と男を変える。しかし何れにしても呆れるような貧乏暮らし。文子は無籍者ゆえに学校にも行けない。朝鮮の祖母と叔母の元に預けられると、もうほとんどグリム童話の継母か魔女のお婆さんにいぢめられる娘状態。まあ凄まじい。

さらに日本に戻ってきてからもろくな目に合わないで、露店で粉石鹸を売るところなどアンデルセン童話のマッチ売りの少女を連想して、胸ひしがれる思い。キリスト教に救いを求めたり、社会主義者たちに希望をつないだりするけど、どちらも欺瞞を感じて幻滅する。

そうしたことが実に表現力の豊かな言葉で語られるのだが、その文才に本当に驚かされる。ものすごく頭の良い人だったのだろう。ただ、朴烈というアナーキストに惚れた彼女が、アナーキズムについてもっと雄弁に語るかと思ったのだが、それはほとんどない。

朝鮮時代を回顧して「朝鮮にいる時私は、自分と犬とをいつも結びつけて考えていた。犬と自分とは同じように虐げられ同じように苦しめられる最も哀れな同胞(きょうだい)かなんかのように感じていた」(214)と書くのだが、これがのちに朴烈の「犬ころ」という詩に感動することに繋がるのかもしれない。

朝鮮時代、一度は死のうとしながら、世の中には愛すべきもの、美しいものがたくさんあると感じて死ぬのをやめた彼女が結局刑務所内で自殺してしまうのは、ひょっとしてこの手記を書いたことで自分の存在証明を全うしたと思ったからではないか、そんな気がする。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/3444-bd566b2b

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム