fc2ブログ
2024 02 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2024 04

アランベールの森にモルタル?

2018.12.17.12:20

1542792156_1_gross.jpg
© radsportnews.com
というわけで、自転車の話題。少し前にパリ〜ルーベの超有名セクションアランベールの森の石畳をモルタル入れるなんて話が出てて、イメージが全く掴めなかったんですが、デーゲンコルプなんかもそれに賛成意見を述べたりしてますね。こんな事情。

パリ〜ルーベって私が初めて見たビデオは1985年のマルク・マディオが優勝したやつで、アメリカのTVで放映されたものでした。何しろドロドロで、パリ〜ルーベのイメージは常にこんなでした。実際その前後も常に水たまりがあったりドロドロのセクションがあったりしたんですね。だからゴールした選手の顔はみんな泥人形みたいでした。
IMG_2758.jpg
© Winning
これは当時のウィニング誌に乗っていたその年のゴール後のレモン。

ところが、21世紀に入って、本格的にドロドロの雨降りのパリ〜ルーベはずっと少なくなってます。特に最近16年間は常に乾いたレースが続いています。しかし、雨が降った時のことを考えて、11月に主催者がアランベールの森の石畳区間にモルタルを流し入れると発表したんですね。
IMG_2761.jpg
© L'Equipe Paris Roubaix Une Journée en enfer
現時点で最後のドロドロのパリ〜ルーベになる2002年のゴール後のシャワールームです。誰だかわからないどころか、どこのチームかだってわかりません。

この区間は石と石の間から雑草が生え、石を覆っているところもあって、それが濡れたらとてつもなく危険だということです。しかもこの森は自然保護の規定から除草剤などを使うことができないそうで、これまではレースの前に燃やして除草していたんだそうです。

そこで出てきた案が高圧洗浄機で綺麗に草を取り除いた後、石畳の間にモルタルを注ぎ込むというもの。アランベールのセクションは2.4キロあるんですが、最初の800メートルをそうする予定だそうです。難しいのは、石と石の間を埋めるモルタルの量ですね。完全に石と同じ高さになったら石畳じゃなくなってしまいますからね。

というわけでニュースを聞いた時にはアランベールの石畳区間を走り易くしちゃうのかと思ったら、雑草対策のようです。去年のパリ〜ルーベでは死亡事故も起きたから、主催者としても重大事故は避けたいところでしょう。
IMG_2759_convert_20181217121126.jpg
© L'Equipe Paris Roubaix Une Journée en enfer


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/3342-895db7bc

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム