FC2ブログ
2020 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2020 10

1962年のツール

2018.12.09.18:39

アンクティルが3勝目をあげた年です。こんな雑誌が出てきました。何度か書いたオークションで大量に手に入れたミロワール・ドュ・スポール誌の1962年7月16日号。

IMG_2731_convert_20181209182936.jpeg

表紙にいたずら書きがしてあります。。アンクティルと隣は同じサンラファエル・エリュエチームのルディ・アルティヒの写真にヒゲがいたずら書きされてます(無論私が書いたわけではありません 笑)。この年は以前ご紹介した1964年のピュイ・ド・ドームで史上最高のツールと称される死闘を繰り広げることになるレイモン・プリドールが初出場した年です。

そして30年以上続いた国別対抗の制度が廃止されて、トレードチーム同士の戦いになった最初の年でもあります。なので、ここまでツールに出場しなかったクラシックの帝王リック・ファン・ローイがファエマチームの許しを得て出場した年でもあります。

結果を見ると、この年は山岳TTとチームTT以外に平地のTTが2ステージ、計110キロ以上ありました。どちらも無論アンクティルの優勝。特に68キロの第20ステージは2位に3分、3位のプリドールに対しても5分以上の大差をつけてます。プリドールはこの時総合3位で2位のアンクティルに食いついていたんですが。。。

IMG_2732_convert_20181209182915.jpeg

アンクティルがプリドールに引導を渡すというような意味ですかね。3分前にスタートしたプリドールを40キロ地点で追い抜くところです。

この時点で総合トップだったファエマのヨーゼフ・プランカールトには5分半の差をつけてトップの座を奪い優勝を決定的なものにします。

IMG_2733_convert_20181209182853.jpeg

プランカールトに対しては1キロごとに5秒、50メートルの差をつけたというキャプションが付いてますが、写真はプリドールを置いてきぼりにするアンクティルです。

まあ、こういうTTで圧勝するというやり方はその後インドゥラインが継承しますが、インドゥラインの時もそうだったように、勝ち方がファン受けしない感じなんでしょうね。だからこの後はプリドールの人気がどんどん高まっていきます。ある時、フランス人に、一番好きなフランス人は誰ですかという質問アンケートを取ったら40%以上の人がプリドールの名前をあげたそうです。

ツールでは悲劇の英雄の方がフランス人好みなのかもしれません。そういう意味ではバルデにはぜひジロやブエルタで優勝してもらって、そしてどうしてもツールだけは勝てない、というのがよろしいかと 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/3337-1f5685a5

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム