2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 11

ランダ、来年はどうする?

2017.07.27.11:03

cyclingnews.com に1秒差で表彰台を逃したミケレ・ランダの話題が載っていました。ただ、長いので、その抜粋版のような radsportnews.com を参考にご紹介します。英語苦手だし 苦笑)

山岳のアシストとしてはものすごい働きでしたね。ある意味では、あのウィギンズをアシストしたフルームを思い出させるほどで、フルームより強いんじゃないの?と思わせるような瞬間もありました。特にあの滑走路の登りゴールだった12ステージでは遅れるフルームを尻目に20秒ぐらい先にゴールしちゃいましたからね。

しかし、1秒差について、思い返して一番悔しいのは18ステージのようです。イゾアール峠への登り、バルデのアシストが早々にいなくなった後、ランダはフルーム、ウラン、バルデらの集団から単独でアタックしました。その後追いつかれた後もゴール直前まで先頭を引き続けて、最後はフルームらに12秒遅れでゴールでした。

「イゾアール峠へのステージで、【優勝候補集団から一人でアタックして】彼らに吸収された時に、少し足を休めることができていれば、ゴールで彼らに12秒も遅れずに済んだはずなんだ。だけど僕は先頭を引いてペースを作らなくてはならなかった。フルームがそれを望んだからね。だけど、それはそんなに良い作戦ではなかったと思うよ。あの日のことはちょっと腹が立っている。自分を犠牲にしたのに、チームにとって何の役にも立たなかったんだから。」

確かにあのステージではランダにペースを作らせるのではなく、牽制しあってバルデやウランを先に動くように仕向けて、ランダをもっとうまく使うという手もあったかもしれません。まあ、後からなら何でも言えますけどねぇ。

いずれにしても、ランダとしてはジロでも山岳賞だったし、年齢も27歳、どこかのチームのエースとしてツールに参加したいところでしょうね。そうなると、バルベルデがすでに40近いモビスター、確かにキンタナがいますが、地元スペイン人をエースに立てて、というのも可能性は高いのではないか、とも予想できますね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/2957-79492677

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと努力しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

マガジン9条

FC2カウンター

Amazon

ブロとも一覧

検索フォーム