2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 11

マルティンのブログ、再び逃げた

2017.07.17.13:25

昨日はマルティンの逃げが捕まったあたりで、どうにも耐えられず眠ってしまいました。しかし逃げている時のマルティンのライディングフォームの格好いいこと。もっともお尻をサドルの前に落とす奴は、個人的には好かんです 笑)

……
ここ数日調子が悪く、その上悪寒までしてたのだが、やっと再びアタックできる状態になった。前のステージではすでに途中で少しだけ逃げてみたが、今日のステージではゴール前60キロぐらいで自分の運を試してみた。もちろんカテゴリー1の山があって、私にはいくらかキツすぎだった。特に一緒に逃げたグループには、山岳ポイントを争っているバルギルのような良いクライマーがいた。20キロほど逃げたが、失敗に終わった。しかし調子は良いし、休息できるのも嬉しい。今はやっと休息日だ。そして再びトライしてみるつもりだ。もちろんTTも楽しみにしている。
……



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

comment

CYPRESS
下りでサドルの前に座る。
こりゃ、高速安定性が悪いからだな。
つまり、フロントセンターが短いのが一番の原因。
前輪に荷重を掛け、危険な震動の発生を防いでいる。
後、トレイルの値の問題もあるんだけど、これはよく分からん。
メルクスが自転車に関して一番重要視したのは高速安定性で、有名な話。

最近はプロも素人も同じフレームに乗る時代。
素人がプロと同じフレームに乗りたがるんで、経済効率最優先で素人用しか作らん。
自転車を買う素人が一番多いのが、アメリカ。
で、アメリカでどんな自転車が必要かと言うと、伝統的に500mから1000mの周回を走るクライティリアム用の小回りの利く寸法。
フロントセンター短く、オフセットも小さい。
こんな所にもアメリカの影響が多大。
グレッグ・レモン、あんたの功罪、こんな所にも。
2017.07.20 01:24

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/2948-eb8b7ad4

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと努力しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

マガジン9条

FC2カウンター

Amazon

ブロとも一覧

検索フォーム