2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 11

14ステージ後のデーゲ

2017.07.16.11:39

ちょっと話が古くなりましたが、第11ステージでキッテルが勝ちました。このゴール地点はポーという町。この町ゴールのツールの因縁話で、rsn は盛り上がっていました。

20年前の1997年、この町ゴールのステージで優勝したのがエリック・ツァーベル。今回キッテルが追い抜くまで、ツールのステージ12勝はドイツ人選手でナンバーワンでした。

さらにその20年前の1977年、この町ゴールのステージで優勝したのはディートリヒ・トゥーラォ。この年ツールでステージ5勝で、この数字はドイツ人ナンバーワンだったんですが、キッテルに並ばれてしまいました。

というわけで、14ステージはマシューズ。サン・ウェブはゴール10キロぐらい前でしょうか?カチューシャのトニー・マルティンが逃げようとした時にはゲシュケが必死に追ったし、ニキアス・アルントは逃げ潰しに入ったし、終わってみればマシューズの勝利はチームとしては勝つべくして勝ったと言えるかもしれません。

しかし、あんなグチャグチャなゴールでタイム差がついて、再びフルームがトップに立つとは思いませんでしたね。バルデもフルームから4秒遅れちゃいました。バルデとしてはTT前にフルームからマイヨ・ジョーヌを奪っておきたいところです。

一方マシューズのライバルと言えるデーゲンコルプの方は大怪我以来、どうもあまりパッとしません。ミラノとルーベを勝ってクラシックレーサーとしてトップに君臨する選手になったと思ったらあの大怪我ですから、やっぱり痛かったなぁ。昨日のコースなんか、デーゲ向きだと密かに期待していたんですがねぇ。実際、ゴール前500メートルぐらいでは前から10番以内でいいところにいたんですけどね。ファン・アフェルマートについていけませんでした。 まだ本調子とは言えない感じです。

「今日はあの狂ったみたいなスピードについて行く足がなかった。決定的なところで、僕は何度も死んだよ。調子も今ひとつだった。これまでのところは僕にとっては辛いツールだね。あの落車【カヴに乗り上げた落車】の影響はあるし、もちろん、コンタドールのためにボトル運びをしなくちゃならないし、少しずつ力が削がれている感じだね。

明日はスーパーハードだ。どんな計画にするかはこれからだ。でもアルベルトにとってはいいステージだよ。だけど、逃げれば、それもチャンスがありそうだ。でも、今は次の休息日がぼくにとって良いものになることを願っている【前回の休息日の翌日はキッテルに次いで2位になっている】。」



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/2947-6fe8d04b

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと努力しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

マガジン9条

FC2カウンター

Amazon

ブロとも一覧

検索フォーム