2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 11

サガン対カヴ、アルダークの後悔

2017.07.08.12:19

うーん、私もサガンの失格はちょっと厳しすぎると思います。だけど、サガンのような、ツールを沸かせる選手を一発退場で良かったのか、という世間の論調にはかなりの違和感を持ちます。サガンであろうが誰であろうが、同じルールのもとで、同じ根拠に基づいて決定を下すべきでしょう。同じく倒された選手がカヴェンディッシュであれ無名のアシスト選手であれ、同じ決定を下さなければならないはずです。

ドーピング問題の時も、自転車競技界に影響力があるから(自転車人気を牽引するから)という理由で大物選手たちの不正が見逃され、小物のアシスト選手ばかりが、それも申し訳程度に捕まってきたわけで(まさに先日亡くなったフェルブリュッヘンやマッケイドといった歴代のUCI会長たちのやってきたことです)、これって人権の問題としても正しいはずがありません。


さて、80年代後半、TV中継もあった琵琶湖のレースで優勝したのが、当時まだ19歳だったアマチュアのロルフ・アルダーク。その後プロになって巨漢のアシストとしてテレコムで活躍しましたが、現在ディメンジョン・データのスポークスマンです。カヴェンディッシュが落車した時、サガンを失格にしろと強く求めた中心人物がこの人。当初ペナルティという裁定が降ったのに失格処分を求めたわけです。

ところが、昨日自分のツィッターで「間違いをしでかした。先入観で意見を広めてしまったのは私のミスだ。審判の決定を待つべきだった。私は黙っているべきだった。勉強になった」と発言したそうです。

これについてrsn でインタビューが載っていました。アルダークの話です。

「非常に感情的に最初のリアクションをしてしまった。そんなことをしても何も変わらないのに。しかもその後の反応も非常に感情的になってしまった。これはミスだった、間違っていた。(サガンはミスを犯したと思うが)私が決めることではなかった。審判がするべきことだったんだ。審判の独立性があるんだから。

最初の決定【ペナルティ】に異議を申し立てたのは正しいことではなかった。審判は我々の言い分を聞いた。ボーラ・ハンスグローエが決定【失格】に異議を申し立てようとしたけど、決定されてしまった。

カヴェンディッシュからの聞き取りで、審判のところへ行ってもう一度よく見てくれと言ったんだ。ただ、審判団が協議しているところには私たちはいなかった。だから私たちが審判にプレッシャーをかけたわけではない。どんな人でも意見は尊重されるべきだ。失格が重すぎるかそうではないかは、自由に発言しあうべきだ。サッカーのレッドカードだっていつでも議論の的になる。今回の審判の決定もそうだ。私がミスだと言うのは、感情的になって発信し、火に油を注いだことだよ。」

まあ、こんなことを言わなくちゃならないのは、サガン失格の後、逆にディメンジョンに対する批判の声が大きくなったこともあるみたいです。特にアルダークはドイツ人なのに、ドイツのチームのエースを失格にさせたということで、ツィッターなんかではかなり罵倒されたみたいです。だから、言ってることもちょっと歯切れが悪いですね 笑)

なんとなく、ウルリッヒが逃げたのに、後ろの集団を引っ張って逃げを潰したフォイクトと、その指示を出したビャルネ・リースに対するドイツ国内の非難を思い出しました。

…追記…
拍手コメントをいつもくださる方へ。MTBの柳原(YANS)さんがフェイスブックでアップしている映像の解説が興味深いですよ。 
https://www.facebook.com/wwwyanscom/

カメラの角度もあって、本当にこの解説通りかはわからないけど、少なくともカヴがバランスを失ってから、サガンが肘を張り出しているのであって、決してサガンが肘を出したからカヴが転んだわけではないこと、それだけはわかります。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/2939-aa7064a1

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと努力しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

マガジン9条

FC2カウンター

Amazon

ブロとも一覧

検索フォーム