fc2ブログ
2024 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2024 05

家族旅行 その3

2010.08.09.18:30

さすがに家族旅行も1週間をすぎると、そろそろ行くところもなくなります。。しかも今日は雨だったし。。。ただ、午後からは雨も上がって、きれいな虹が。お借りしている友人宅の展望台(いや、屋根の上)から撮ってみました。



毎日飲んだくれて、釣りと海水浴で明け暮れて、これも明日でおしまい。しかし、我が家はマンションの8階で蚊も飛んでこないところなんですが、さすがにこちらは藪蚊がすごい。ちょっと油断しているとボコボコニされます。でも数年前には蚊なんてなんでもないような大変な出来事が!!

といっても、どうやら普通の人にとってはそんなに騒ぐことか?という程度のことらしいんですが。

いや、あれは3年前、このお宅を借りて、さあ、帰ろうという日の午前中のことでした。掃除をしていたのですが、連れ合いがカーテンを開けながら、キャッと悲鳴を上げて後ろへ飛びのき、固まっています。はて?なんじゃとカーテンを開けてびっくり。ぎゃー。悲鳴を上げましたね。15センチはあろうかというムカデがSの字で壁にへばりついています。

いや、私も東京生まれの東京育ち、連れ合いは純沖縄の血とはいえ、やっぱり生まれも育ちも東京。こんなん見たことありまへん。そのおぞましさといったら、邪悪という言葉を形にすればこうなるっていうやつですね。

鋼のように黒光りする金属的な背中に対して、作り物のように鮮やかなオレンジの腹。うー、ノアは大洪水のときに、こんなやつまで箱舟に乗せてやったんでしょうか?

ともかく常に冷静な連れ合いが玄関からトングとフマキラーとゴキジェットをもってきて私に渡してくれますが、なにしろこんなんトングでつまむぐらいならゴキブリを素手で30匹つかまえるほうがなんぼかまし。

子供たちは親がパニックになっているので、特にやさしいダウン症の次女がべそをかきはじめ、それを目の見えない長女がなぐさめるという、なんとも涙を誘う光景です。一方好奇心旺盛の三女は親よりムカデに近寄ってじっと観察。そういやぁ、こいつ保育園のころよくダンゴ虫を捕まえて集めていたっけ。いや、子供のころはぼくだってそのぐらいできたよ、もちろん。でもね、おとなになるとできなくなることもたくさんあるんだ。

ようやくぎゃっとかわっとか悲鳴を上げながら、二丁拳銃よろしく両手に殺虫剤の缶を構えて、指も折れよとばかりに吹きかけ、動かなくなったところをトングでつまんで窓から放り投げさらに殺虫剤を吹きかけ続け、最後にとどめとばかりに外へ出てでっかいスコップでグサグサ。土をかけてスコップの背でたたいて、ようやく落ち着きましたが、しばらくは呆然としていましたね。50年以上生きてきて、こんなに怖かった(おぞましかった)記憶はあまりありません。

当然のごとくその晩は悪夢にうなされ、その後しばらくは壁に背中をつけて寝ることができませんでした。

さて、それを友人たちに早速話して聞かせたのですが、その反応がどうもこちらの期待したようなものではなく、なんだ、そんな話かぁ、というようなものばかり。良く行くお店の岩手出身の奥方なんか、えー?でもただのムカデでしょ?とか、鎌倉の友人なんか、え?殺しちゃったの?だめだよ、ちゃんとほうきで掃きだすようにしてやらなくちゃっていう反応。四国の先輩なんか、ムカデなんて夜中にトイレに行くときに廊下でよく踏んづけたもんだ。翌朝ペチャンコになってたよ、だって。世の中、そんなにしょっちゅうムカデって目にするもんなんですかねぇ?


良ければ、下のボタンを押してみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

ヴァルデマール
うへぇ! この話題もうやめません?? 笑)
2010.08.12 17:25
こばやし
奥さん、かわいそうに。ショックだったんだね。
私は寝ているときに噛まれた事があって、鋭い痛みで目が覚めた。すぐに流水で姑く流しながら傷口を絞り出して(それが有効かどうかは知らないが)、あまり腫れる事もなくすんだことがある。噛まれてすぐ飛び起きたから、毒が入らなかったのかもね。でもあれが地面いっぱいに這っているのを見た事があるけど、そのときはさすがにぞぞっと着たね。(^^;
2010.08.12 10:37
ヴァルデマール
そう、ネットで検索したら寝ている時に額を噛まれ、つかんで引き離し、げんこつで叩き潰した、なんていう人の話も出てました。あんなのをつかむ??素手で叩き潰す??もう信じられまへん。

たしかに噛まれるとすごく痛いらしいね。ただ、噛まれるとか何とかよりも、なにしろあの姿かたちに、何とも言えない恐怖感を感じてねぇ。なにしろあの時点では、あんな大きい奴を見たことがなかったからねぇ。びっくりしたよぉ。その後も忘れられず、完全にトラウマですわ。

連れ合いはあれ以来カーテンを開ける時に身構えると言ってますがね。
2010.08.11 16:54
こばやし
わはは、いるよねぇ。
まあいい経験だったじゃん?あれあ飛んで来たら恐いかもしれないし、刺されたらというか噛まれたら大変だけど、なにもなかったんなら良かった良かった。靴を履くときには注意してあげてね。けっこう夜のうちに入ったりするからさ。がんばれ~(^^)/
2010.08.09 21:49

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/248-d4cd9583

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム