fc2ブログ
2023 01 << 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 2023 03

ガゼッタの記事、こりゃあガセだろう?!

2016.02.02.23:40

ガゼッタだけにガセ? 笑)いや、rsnからの孫引きです。イタリアの由緒正しいスポーツ新聞ガゼッタ・デッロ・スポルトの月曜の記事にクラウディオ・ギザルベルティという記者が書いているものです。

電磁気で20から60ワットを生み出せるように細工された自転車、いわゆるEバイク(EバイクとかEドーピングという言葉はここ何年かでヨーロッパでは市民権を得た言葉のようです)はすでに新しい段階に来ているというタレコミがあったとのこと。後ろホイールに隠されたこのテクノロジーの値段は20万ユーロ(2600万円ぐらいでしょうか?)とかなりの高額。シートチューブに隠されたモーターなんて古いシステムで、こんなものは「貧者のドーピング」だそうです。

記者はこれらの情報を匿名の関係者から教えられたそうで、しかも選手たちは自分がそれを使っていることを知らされていないという話。だから選手たちは今日は調子が良かった、と思ってるだけだと。。。20ワットとかでも、ぎりぎりのところで走っている選手たちですから、とんでもない数値でしょう。

以上の記事、まあ、私は全く信じてませんが 笑)

しかし、ふざけた言い方をすれば、自転車に手を入れる「ドーピング」は少なくともエポを注射したり、冷蔵庫で保管した血液を再注入するような伝統的なドーピングよりはずっと「健康的」であります。

以前3回にわたって書いた記事でも言ったけど、ドーピングは何故駄目なのかといったら次の二点に集約されると思います。

1)選手の健康
2)競技の公平性(倫理性)

これについては上記の記事で3回に渡って書いて、いろんな方がコメントを付けてくれたけど、やっぱり僕は納得してません キッパリ 笑)

興味があれば読んでみて下さい。同時に当時コメントを下さった方にもあらためて感謝いたします。また、新たなコメントをいただければ嬉しいです。

ドーピングはなぜ駄目なのか? (長文注意)
ドーピングななぜ駄目なのか? (その2)
ドーピングはなぜ駄目なのか? (その3)

今回のEドーピングは競技の公平性に反するということなんだろうけど、モーターは論外としても、機材の不公平というのは絶対にあると思う。自転車の重量も変速機の性能もあるし(個人的には電動の変速機なんていうものがすでに信じられない話だ)今年からはディスクブレーキが解禁になるそうだし。といいながら、僕はメカには全く詳しくないので、何とも言えないんだけど。

戦前のツールでは変速機が使えなかったし、最初の頃はフリーは不可で固定ギアだけしかオッケーではなかったそうだ。つまりツールの創始者(といわれている)デグランジュは機材による不公平をなくそうと必死だったんだろう。そもそも国別対抗の時代(1930年代から1960年まで)には自転車ですら同じもので、選手はサドルとハンドルだけもってパリに集まった(当時はスタートとゴールがパリ)そうだ。逆に薬によるドーピングについてはあまり気にしていなかったようだ。当時の薬では不公平性はそれほど感じられなかったのかもしれない。

それはともかく、今回の騒動、こんな単純な不正がバレないと思ったんだろうか?サドルを抜いたら見えちゃうんだよ?? それともフェムケ・ファン・デン・ドリースヘのいう通り、友人が買い取ったあとからモーターを組み込んで乗り回していたんだろうか?



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/2442-f4134293

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム