fc2ブログ
2024 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2024 06

閻 連科(えん・れんか)「愉楽」(ちょっとねたばれ)

2015.02.15.20:20


愉楽愉楽
(2014/09/26)
閻 連科

商品詳細を見る

最初取っつきにくいけど、読み始めてしばらくするとやめられなくなりました。ただ、読み終わって今の気持ちは今一つ納得できん!という気持ち 笑)

中国の内陸の耙耬山脈に受活村という障害者ばかりが住む受活村という農村があって、住民たちはそれぞれができることで助け合いながら「受活」(楽しく生活)している。そこへ県長の柳鷹雀(リュ・インチェエ)という男が、ソヴィエト崩壊でお荷物になっているレーニンの遺体(クレムリンで展示されている)を購入して自分たちの県に記念館を作り展示すれば、世界中から人々が見に来て、入場料などで莫大な金額が手に入り、県は大金持ちになって、そこに住む住民たちはみんな幸せな生活を送れると考える。しかし、レーニンの遺体を購入する金はどうするのか。そこで、この受活村の障害者たちによる特技(絶技)で見せ物団を作って都市を巡回し、それにより購入資金を得ようと考える。まあなにかハチャメチャな話だ。

最初のうちはなんとなく中国映画の「黄色い大地」とか「双旗鎮刀客」の舞台をイメージしながら読みました。ちなみにこの映画はどちらも個人的に一番好きな中国映画です。とくに「双旗鎮〜」のほうはチャイニーズウエスタンという感じで、誰が見ても面白いと思うでしょう。お勧め。まあ、中国映画ってそれほどたくさん見ているわけじゃないけど。

黄色い大地 [DVD]黄色い大地 [DVD]
(2004/01/23)
シュエ・バイ、ワン・シュエチー 他

商品詳細を見る


双旗鎮刀客 [DVD]双旗鎮刀客 [DVD]
(2004/08/21)
フー・ピン、チャオ・マーナ 他

商品詳細を見る


閑話休題。この小説、へんに奇をてらったようなところもある。突然、語りが「〜なのじゃ」とか「〜してしもうた」という老人の口調に変わるところがある。だけど、ほとんどのところはごく普通の「〜だった」「〜である」調で、これになにか意図があるのかと思ったら、訳者あとがきに方言のところをそんなふうに訳してみたとある。ただ、これはどうなんだろうなぁ。。。なお、語り手は一番最後の最後で「私は受活に一年あまり滞在したが」と一人称で言って、一気にこの小説のリアリティが増します。

それから各章や註の番号が奇数の章しかない。これもきっとなにか意味があるのかと思いながらも、よくわからない。それから、注釈が一つの章になっていて、そこにこの障害者たちの村の由来や、主役の茅枝(マオジ-)という紅軍(日中戦争時の共産党軍)の足を悪くした女性兵士が住み着き、戦後この村を共産党政権のもとに組み込むことで、村は文化大革命時や大飢饉の時代にひどい目に合うことになるという歴史やエピソードが書き加えられる。この注釈(「くどい話」という表題がついています)で語られるエピソードに、ものすごく面白い昔話風のものや伝奇風のものがある。

障害者たちの見せ物団は大金を稼ぐけど、それが果たしてどうなるのか、また茅枝(マオ・ジー)は革命を村に伝えたことで村人たちをひどい目に合わせた歴史の責任を負って、自分の落とし前をつけることができるのか、そして県長の柳鷹雀(リュ・インチェエ)はレーニンの遺体購入を果たすことができるのか(まあ、これはできるわけないと言ってもネタバレにはならないでしょうね)。なにか昔の大江健三郎や井上ひさしの「吉里吉里人」なんかを思い出しました。とっても面白い小説でした。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
送料無料!お取り寄せ通販特集
関連記事
スポンサーサイト



comment

アンコウ
momoさん、

あれま、うれしい!! 笑) ほんと、同志にあったような気持ちですよ。

momo さんのように反応して下さる方がいないかと、実はまあ、いろいろうろ覚えのものも含めて強引に名前を出しているところもあるんです。

良い映画でしたよねぇ。主役の少女もいいし、父親もよかった。ちょっと知的障害がある(?)弟も、民謡集めに来る共産軍文芸部の青年もよかったけど、なにより風景。文字通り黄色い大地と黄色い空と太陽と。。。最後の少女が歌いながら河を渡っていき、途中でプツっと音が途切れるシーン。momoさんのコメントで、もう一度みたい気持ちが高まってきました 笑)どっかにTVで撮ったビデオがまだあるはずなんだけど、見つかるかなぁ。。。
2015.02.15 21:53
momo
たぶんアンコウさんと私はわりと近い年齢だと思いますが、たまに「あっ」と引きつけられる固有名詞が出ますね。
「黄色い大地」は、自分が見たすべての映画(というほどは実は見ていない)のなかのベストワンといってもいいくらい好きなタイトルでした。
(本題からはずれていてすみません)
2015.02.15 21:40

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/2011-b4a860da

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム