fc2ブログ
2024 02 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2024 04

2010・ツール、グラープシュ兄弟のレース日記 4

2010.07.07.08:48

ミルラム監督のラルフの日記です。

「我々にいろいろなことを期待させながら始まった今日は、ハラハラどきどきでいろんなことがあった一日だった。ロジャー・クルーゲが逃げグループに潜り込み、強さを見せてくれた。ウチの選手が一人そこに加われたことを、多いにうれしく思ったし、まさに最適な選手を送り込めたと思う。

リーヌス・ゲルデマンは残念なことに、信じられない不運に見舞われた。全部で3回のパンクのおかげで先頭グループを走っていたのに、あっという間にシルヴァン・シャヴァネルを中心にした後ろの集団に下がってしまった。彼が調子が良かっただけに、とても悲しい。

それ以外にも、我々は今日幸運だったとは言えない。昨日落車を避けることが出来た分、今日はたくさんのパンクという形で帳尻あわせをされてしまった。いずれにせよ、全選手無事にゴールできた。リーヌスだけは、カーブで前輪がパンクしたせいで観客に突っ込んで転んだけど、怪我はしなかった。運の悪いことに、リーヌスになにかあれば自分のホイールを渡す役目だったゲラルト・ツィオレクがそれにまったく気づかずに、先へ行ってしまった。ラジオツールもリーヌスは先頭グループにいると告げたので、突然彼がコース脇にいるのが見えたときは本当に驚いた。

我々は今日幸運だったとは言えない、と書いたけど、でも前を向いていこう。

石畳区間を何人かの選手たちが批判していたけど、このステージについてちょっと言っておきたい。ぼくはこういうステージがツールに組み込まれるのはまったく問題ないと思う。10年に一回、一日だけ、それもラスト40キロで石畳を走ることになるなら、それはオーケーだ。

ツールには山と平地とTTだけでなく、こんな石畳も含まれるということだ。」


良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/196-9dbf2b3e

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム