fc2ブログ
2024 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2024 05

マルティンのブログ、世界戦チームTT

2013.09.23.17:40

いやあ、最後はちょっとどうなるかハラハラしました。のこり1キロのゲートをくぐったときには2秒差ぐらいでしたかね? 最後の方はどんどんタイム差が縮まっていきましたからね。拙ブログとしてはマルティンがいるのでね 笑)ちょっとハラハラしました。

しかし、前にも書いたんだけど、チームTTってラスト5キロぐらいのところから全チームを横から映すっていうのが映像的にもおもしろいんじゃないかと思うんですけどね。二人いなくなって、もう誰も脱落するわけにいかないっていう状況での選手の表情って、きっと見ていておもしろいんじゃないかと考えるわけです。

ただ、昨日のフィレンツェの旧市街はカーブが多いし道が狭いから、選手の表情もなかなかカメラが捉えづらいものがあったでしょうけどね。

宇都宮で世界戦があったときはチームTTはアマチュア種目で1チーム4人、3人目のタイムで順位が決まるという奴でした。TV放送はなかったけど、NHKのニュースでやっていたのが、真横から選手を捉える映像で、文字通り選手はよだれ垂らして走ってましたね。切れた東独の選手は路肩に横になって、まるで笛でも吹いているみたいなピーピーいう声を出して倒れていました。もっとも、あのときのコースは高速道路の平坦路を50キロ封鎖して往復100キロのコースでしたから、カメラも横から捉えやすかったんでしょうけど。

----------
きわどかったがタイトルは防衛した。わたしたちが最後のスタート順だったという点で今日は有利だった。途中でオルカとの差がとてもきわどいことを聞かされて、わたしたちは最後の一ムチを入れたのだ。とくに、わたし個人としても、それはチームのために全力を出すモチベーションになった。

この種目は一種特別なものがある。チームとして勝ち負けが決まるのだ。心理的にはチームとして勝利を喜べるというのはいつでも最高に素晴らしいことである。一つのレースを勝ったりメダルを獲得するのが一人というのではない。わたしたちは全員が勝者なのだ。これにより換気の気持ちが高まるし、お祝い気分も大きくなる。わたしはみんなで勝ったことが誇らしいし幸せである。タイトルホルダーとして出場することは常にプレッシャーがあるものなのだ。

水曜の個人TTではわたしたちはそれぞれ別々になるのだが。今日のレースはわたしにとって、勝利とならんで、調子を測るのに都合が良かった。調子は良い。限界一杯まで力を出し切ることができそうだ。個人TTについては楽観的に考えている。
---------

オメガファーマはツールでオルカにやっぱりコンマ何秒かで負けたんですよね。リベンジなったということでしょうか。ただ出走順が逆だったら逆の結果になっていたのは間違いないでしょうね。しかし、オメガはメンツを見ると、マルティンがいてシルヴァン・シャバネルがいて、「ナポレオン・ソロ」のイリヤみたいな(知らんよね?)ペテル・ヴェリッツがいて、ミヒャウ・クヴィアトコフスキがいて盤石だろう、って気がしたんだけどね。0.8秒差って、10メートルぐらいですかね? スプリントなら10メートル差をつければぶっちぎりだけどねぇ。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
送料無料!お取り寄せ通販特集
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/1490-34816b4b

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム