fc2ブログ
2023 01 << 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 2023 03

今朝の東京新聞と伊藤恭彦の「さもしい人間」

2013.06.20.13:19

「今朝の本音のコラム」で竹田茂夫が生活保護の改悪について、こう書いていた。

「低所得層を分断して互いに反目させ、発言力の弱い層から各個撃破していく保守政治の陰湿な手法」

白戸三平の「カムイ伝」に、支配者側の武士たちが被支配階級の農民と被差別階級の非人を反目させることによって自分たちの安寧を計るというやり方が述べられていた。
カムイ伝 (1) (小学館文庫)カムイ伝 (1) (小学館文庫)
(1995/03)
白土 三平

商品詳細を見る

これを初めて読んだ頃はすでに学生運動の時代ではなかったし、一億層中流などといわれていて、いわゆる階級闘争があまりに図式的に書かれているのではないかと思ったものだったが、21世紀になって、日本では新たな階級闘争が始まったのかもしれない。

生活保護の問題は不正受給者の問題ではない。なぜ受給者が増えたのか、本当に必要な人が使いやすくするとともに、そうした状態から脱却するための仕組みを考えることが一番大切なことだろう。

小泉政権下の構造改革により、日本の景気は良くなったと言われた。しかし現実には生活保護受給者が増えた。これは何を意味するのか。小学生だって分かる話だ。それをレイシスト集団「在特会」の女王とも言われる保守政治家が不正受給者の問題にすり替えた。そしてそれを拍手喝采した人達もたくさんいた。以前にも書いたように、現代の日本は いじめ社会 そのものだ。人々は自分より弱い人間を叩くことで憂さ晴らしをしている。なんとさもしいことだろう。
さもしい人間: 正義をさがす哲学 (新潮新書)さもしい人間: 正義をさがす哲学 (新潮新書)
(2012/07/17)
伊藤 恭彦

商品詳細を見る

伊藤恭彦の「さもしい人間」は現代社会の行きすぎた市場万能主義にあって、「正義」を実現するためのシステムを考えないと、人間はどんどん「さもしく」なっていくと説く。こんなのただの理想論だという「現実主義」的な人もいるだろうけど、最低限、この本に書かれている程度の倫理観を、日本人は人間として共有すべきだろう。


良ければ、下のボタンを押してみてください

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
送料無料!お取り寄せ通販特集
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/1370-bfcb1e88

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム