fc2ブログ
2024 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2024 05

マルティンのブログ、バスク一周 1

2013.04.02.22:08

なぜに、いま松井と長島に国民栄誉賞??政権の人気取り以外のなにものでもないね。しかし、いまの日本はそういう政権のあからさまにさもしい狙いに簡単に乗るからね。きっとこれで安倍の支持率もアップするんだろう。

というわけで、昨夜は残り50キロまでバスク一周をライブストリームで見ていたんですが、やっぱり沈没。このレース、拙ブログおなじみのフレーリンガー、ヴェークマン、ネルツ、マルティン、ゲシュケが出ているので、ちょっとどんなもんかと思ったんだけどねぇ。ネルツは先頭から5秒遅れの第二集団でゴールしましたが、マルティンは30秒遅れでゴールとはいえ、落車でどうなることやら。そしてヴェークマンとゲシュケは5分近く遅れ、フレーリンガーに至っては7分以上の遅れと、今ひとつですねぇ。ヴェークマンやフレーリンガーはアルデンヌクラシックにピークを持って行きたいんだろうけど。。。

というわけでトニー・マルティンのブログです。

------
幸い骨折はない。確認できる限りでは。今日のバスク一周の第一ステージで落車したとき、最初に不安だったのは、去年の左手首の複雑骨折のことだった。幸いにもレントゲンでは何もなかった。もちろん痛みはかなりひどくて、明日リタイアするかどうかは、まだ決められない。しかしわたしのチームメイトのドリース・デフェニエンスは残念ながら腕を骨折した。

ステージ前に、私はいくつかのテストをしてみるつもりだ。そしてスタートするかを決めることにする。だからまだどうなるか分からない。確かに今日はまだうまくゴールまで来ることができたが、正直に言えば、きちんとハンドルを引くことができるか怪しい。落車の後はアドレナリンが出て痛みの感覚も普段とは違ってしまうから。

気分が良くないのは理解してもらえるだろう。ちょっとだけだけど、2012年の悪夢を思い出している。あの繰り返しはなんとしてでも避けたい。特に落車には注意していて、前の方、だいたい10から15番手ぐらいを走っていて、そこなら落車に巻き込まれることもないだろうと思っていただけに悔しい。しかしこのスポーツはそういうものなのだ。

それはともあれ、調子は良い。スピードが上がったときにもついて行けた。落車した後も、遅れを28秒に留めることができた。仕方がない、いまはできることをするしかない。
--------

マルティンとデフェニエンスは最後の山で落車したみたいです。デフェニエンスは手術の可能性もあるそうです。オメガ・ファーマ・クイックステップとしてはトム・ボーネンもフランドルで転けてパリ〜ルーベまで欠場しなければならないようだし、このバスクの第一ステージではペテル・ベリッツ【ピーターでもなければベリトスでもありません 笑】が2位になったんですが、ちょっとついてないですね。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/1262-806db9a7

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム