fc2ブログ
2023 01 << 12345678910111213141516171819202122232425262728>> 2023 03

チッポリーニ、その後

2013.02.14.13:58

うーん、大島渚のエントリーに複数回コメントを書いてくれたネトウヨさん(と認定します 笑)はその後やっぱり来ませんね。IPアドレス検索というFC2の機能で見ると、コメントを書いてくれる前数週間は拙ブログを頻繁に覗いてくれていたようで、自転車ファンかな、と思っていたんですが、結局書きっぱなしのただのネトウヨだったようです。なんかやっぱりかあ、という残念な気持ちもあります。ぼくの最後から二つ目の反論を見て、その後は一度も来てくれないですね。まだまだ言いたいことがあったんですが、また何かの機会に書くことにしましょう。

というわけで、少し前に書いたチッポリーニのドーピング疑惑のニュース。以下はいつものようにドイツの radsportnews.com (rsn)を元にしています。ガゼッタ・デル・スポルトの詳細な報告と資料公表にもかかわらず、チッポリーニは弁護士を通じて反論してますね。すでにアンチ・ドーピング機関に協力してDNAのサンプルを提出して無罪を証明する準備があるとのこと。

これに対して、ガゼッタもさらに疑惑を追加してます。2001年にフエンテス医師と接触後は2004年まで、定期的にかなりの量のドーピングを繰り返し、2003年の前半は血液ドーピングだけでも25回、それと共に成長ホルモンの処方を繰り返し受けていると書いているそうです。そしてそうした計画表の一枚のウラにはチッポリーニの自宅のファックス番号が書かれているそうです。チッポリーニの弁護士は、この時期チッポはモナコに住んでいたから、この番号ではつながらないと苦しい反論。しかし、ガゼッタの記者が当時この番号でチッポリーニと連絡を取っていたと再反論。こりゃあかなり苦しいね。

イタリアオリンピック委員会はこれを受けて、チッポリーニの捜査を始めるようです。

いや、ツァーベルも告白したし、アブドゥジャパロフは興奮剤の陽性で引退に追い込まれたし、あの時代、というよりも、自転車競技は当初からドーピングが蔓延していたわけです。だけど組織的にやるためには金が必要だったわけで、バッソはフエンテス裁判の証人として、2006年に94000ドル(日本円にして900万ぐらい?)支払う契約だったと言っています。プロ選手なら誰でも払える額ではないと思いますよ。ましてや、ドーピングを告白したイェルク・ヤクシェが言うところでは、フエンテスは血液ドーピングに際して、こちらの健康など一顧だにしなかったそうですからね。ある意味、病気になったり死ぬ可能性だってあったかもしれません。

みんな薬まみれだったんだから、いいじゃん、という人もいるかもしれませんが、そういうわけにはいかないでしょう。やっていなかった選手もいたはずだから、というだけではなく、ドーピングの組織性の濃淡があるはずだからでもあります。そしてこれは前から書いてきたけど、EPO以前と以後ではドーピングが結果に及ぼす影響力はずいぶんと違ったのだろうと思います。さらにそれを組織的にできるか、できないか、は結果に大きな影響を与えただろうと推測できます。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/1216-9875b441

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム