fc2ブログ
2024 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2024 05

怒りの方向を上へ

2013.02.14.13:50

ぼくの子供の時代にもいじめはあった。ただ、いじめられっ子は「自殺」という、ある意味最終兵器を知らなかったから、いまみたいな問題にはならなかった(当時のいじめがいまほどひどくなかったというのはどうだろうね?自殺した奴は当時はいなかったけど、それは単に自殺という対抗手段を知らなかっただけじゃないかな?)。20代前半であった小学校時代のクラス会で、当時男子によくいじめられていた女の子が、自分はあのころ男の子たちにずいぶんいじめられたけど、でも縁あって去年結婚しました、って発言したとき、ぼくは積極的にいじめに加わったわけではなかったけど、あの当時の自分が恥ずかしい思いがした。

いじめは相手が凹んだり怒ったり泣いたりしなかったら、つまらないんだろう。相手が強くて、みんなで言ったところでへのカッパという奴なら、みんないじめないんだよ。だけど、自分よりも弱い奴はみんなでよってたかっていじめることができる。いじめられる奴にも非難されるべき点(たとえば不正受給とか)があれば、ますますこころおきなくいじめることができる。

残念ながら、いまの日本は社会全体が様々な分野でいじめを行っている。権力を持つものにたいしていじめは効果がない。しかし少数者にたいしてなら、いじめがいがある。大人が一般社会で弱い者いじめを行っているんだから、学校でいじめがなくなるはずはないよ。

いずれにしても、いじめの構造は、いじめられているものが自分よりもっと弱いものに向けてさらにいじめを行うっていう循環だとは、よく言われることだ。いまの日本を見ると、このあまりに単純で繰り返し言われてきた図式がぴったり当てはまると思わないだろうか?

でも、本当はこういう形にしてはいけないんだよね。弱いものがもっと弱いものをいじめてどうするんだ、って思うよ。というわけで、拙ブログのエピグラムをしつこくコピペしておきましょう。

社会は強い者がより強くなるように、富める者がより富むように、力をかざす者がより強い力をかざすことができるように、そのようなことのためにあるのではありません。弱い人間を排除する社会は、私たちに必要な社会ではありません。弱い人間のためにこそ社会はあります。私たちは、そうでないときにはそうであるように社会を変えてゆかなければなりません。(八尋 光秀)

当たり前のことだよね。弱い者にとって住みやすい社会は、誰にとっても住みやすい社会のはずなんだから。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/1215-b0fe6f41

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム