FC2ブログ
2020 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2020 10

ラボバンク、チームぐるみのドーピング疑惑

2013.01.24.18:36

いや、気になっていた元ラボバンクの若手オランダ人スラフテルがダウン・アンダーでプロ初勝利。しかも後ろはゴスとジルベールですよ。

さて、ラボバンクと言えば、昨日のエントリーでもちょっとだけ触れてみましたが、どうも日本ではこのニュースが取り上げられてませんね。rsnによると、元ラボバンクのトーマス・デッカーがチームぐるみでドーピングをしていたことをオランダの新聞に告白したんですね。彼は2009年にEPO陽性で2年間の出場停止になり、復帰後にガーミンに入ったんですが、その際の監督のヴォータースとの約束でもWADAに協力することが条件だったそうです。で、それに呼応するように他の氏名不詳の元選手も1996年以来、チームとして組織的にドーピングしていたと告白したそうです。当時の監督のヤン・ラース(元名選手ですね)が、このシーズンの始めにチームとしての成績がパッとしなかったためにドーピングを決定したと。。。

デッカーも、オランダアンチドーピング機構で洗いざらい告白すると公式に言っています。「ぼくの過去のドーピングに関わった人の名前も含めて、アンチドーピング機構にすべて話すつもりだ」とのこと。彼と機構の最初の話し合いが2週間いないに行われるんだそうです。

チームぐるみのドーピングは、去年の5月に以前の監督だったテオ・デ・ローイ(これも懐かしい名前です)が、ミカエル・ラスムッセンが2007年にツールで陽性になったときまでチーム内では大目に見られていた、と認めているんだそうです。

ただ、これに対して以前の選手たち、ミヒャエル・ボーヘルトやエリック・デッカー、マルク・ヴァウテルスは現役時代にドーピングをしたことはないと全否定しています。

まあ、この機会に徹底的にやってもらいましょう。後世に、自転車競技は最初にドーピングに手を染めたが、最初にそこから足を洗ったスポーツだ、と言われるようになって欲しいものです。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/1193-872a41f2

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム