fc2ブログ
2024 02 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2024 04

rsn のレース後のインタビュー

2012.09.24.15:01

この世界戦を最後に引退すると言っているフレイレ、ゴール後に怒り狂ってます。レース前の打ち合わせでは、最後のカウベルフまで来たら、スペインチームは全員でフレイレのアシストをするという約束になっていたそうなんですが、バルベルデがフレイレのアシストどころか、ひとりで行ってしまったわけです。

フレイレの話。「僕はすべきことをすべてした。しかし腹が立つのは、当初の決定を無視する奴がいたってことだ。最低だよ。」

と、まあスペインチームは強い選手が何人もいるからね。それに対してドイツチームは、メダルは逃したけど、うまくまとまっていました。

デーゲンコルプの話。「辛いよ。世界チャンピオンになるチャンスなんてそうないもん。たしかに、カウベルフでのジルベールのアタックについて行けなかったけど、でもメダルが欲しかったなぁ。4位ってのは一番悔しいけど、でもこの成績は来年のための良いモチベーションになるよ。みんなでビールを一杯か二杯飲んだら、きっとこれも笑い話になるよね。ただねぇ、僕は喜んで良いのか、逃したチャンスに腹を立てればいいのか、なんかよく分からないんだよね。チームのためには残念だったよ。できることならやり直したい。」

ヴェークマンの話。「たしかにね、4位ってのは木のメダルだ。でも顔を上げられないような成績じゃないよ。ぼくらのチームとしてはガッカリはしているけど、絶望するようなものではないね。」

ゲシュケの話。「ぼくはレースにとても満足しているよ。僕たちはミスをしなかった。だけどメダルには後一歩だったってことさ。」

フレーリンガーの話。「一瞬、コントロールできなかった瞬間があって、それで逃げの集団を許容してしまった。でもぼくらはそれを修正して、逃げをつぶして振り出しに戻したんだ。」

レース展開は残り80キロぐらいでコンタドールを中心に30人近い逃げの集団ができたんですね。そこにドイツ人選手がひとりも入れなかった。で、結局それを追いかけるのにフレーリンガーとゲシュケを使うことになって、残り2周の時点でこのふたりが脱落、さらに残り一周ではクネースも脱落して最後の一周はデーゲンコルプとヴェークマンとマルテンスの3人になっちゃったんですね。逃げをつぶすのにフレーリンガーとゲシュケを使い切ったのがもったいなかったとも言えます。

良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/1071-61afa6b3

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム