fc2ブログ
2024 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2024 05

2010・LBL、後日談

2010.04.27.10:20

ヴィノクロフ の復活翌日、例によって radsport-news.com ではこんな書き出しです。

「アレクサンダー・ヴィノクロフ(アスタナ)が勝ち、ファンはブーイング、メディアは疑い、選手仲間は静かに受け止める。レースの舞台に復帰したカザフスタン人は様々な見解を生み出している。」

「ヴィノクロフは三つの夢を抱いていた。LBLに2005年以来二度目の優勝をすること。チームのエース、コンタドールのアシストとして、彼をツールに勝たせること。ファンとメディアに対して、失われた信頼を取り戻すこと、の三つである。」

この後は要約ですが、CN でも同じような内容の記事がありますね。

さて、この一つ目は実現させました。二つ目は、2007年のツール中のドーピング違反とアスタナチーム全体のレース撤退で引き起こされた怒りは沈静化しているものの、どうなるでしょう。ツール・ディレクターのプリュドムは、一般的に、間違いを犯しても、それを償ったのだから第二のチャンスは与えるのが普通だろうと言い、選手たちからも反対意見は出ていないようですので、コンタドールが優勝できるかどうかはともかく、ツールへの出場は可能性が高まったと言えるのでしょう。

しかし三つ目の夢はまだ実現までは遠そうです。出場停止明けすぐにこうした高いレベルのレースで優勝すると言うことに対する疑念が払拭できないということですね。

さらに、彼がトレーニングの場としたスペイン領カナリア諸島のテネリフェ島が疑惑に輪を掛けているようで、わざわざそこへ行ったのは、その島に住んでいる例のオペラシオン・プエルトのエウフェミアノ・フエンテスとドクター・エポのミケーレ・フェラーリに会うためではないのかという質問まで飛び出したようです。

ヴィノクロフは、そこなら天候も恵まれ、自分のペースで練習できるし、他にも20~25人の選手がいるということで、今回の勝利は練習のたまものとしています。「過去のことは今言いたくない。今はクリーンなヴィノがいるってことだ。」

ここからは私見ですが、ドーピングについては言いたいことがたくさんあるんですが、切り口が難しくてね。なかなかここに書けるようになりません。

ただ、とりあえずのところ、推定無罪という法律用語があります。有罪と宣告されないなら、無罪なのだということです。一般的に最近のマスコミなどは、全くこれを無視した報道をたくさん垂れ流してますけどね。なにも政治の話にかぎらんですよ。殺人事件でも、いかに容疑者がひどい奴であったかを競うように報道し、さらには学者先生まで動員してレッテルを貼る。例の菅谷さんだって精神鑑定の大御所の福島章は「代償性小児性愛者」ってレッテル貼ったんだからね。せめて一言、その鑑定の取り消しと謝罪ぐらいあってしかるべきだろうに。あ、話がそれた。

というわけで、この原則はスポーツの世界にも当てはまると思うんですよね。ヴィノだってレース後にドーピングチェックをクリアしているはずだし、そんなにあからさまに意地悪な質問をする必要はないと思うんですよね。むろんチェックに引っかかれば、それは厳重に再チェック、再々チェックをして、さらに事実なら、罰を受けるべきだと思いますよ。でも、今のように、チェックをクリアしているのに、あたかもドーピング疑惑があるかのような報道をするのがいいのかどうか。。。ま、書けるのはこんなことです。僕の本心は、いろいろと揺れ動いていますが。。。



良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

こばやし
いい悪いや感情論ではもちろん話しができないね。CYPRESSさんが書いてくれたことも、もちろん間違いではないけど、ドーピング問題の1部分でしかないわけですよね。もちろんドーピングチェックがあるのは全てのスポーツに共通だけど、なんちゃらパスポートなんてでてくると、行き過ぎと感じます。いい、悪いじゃなくてね。

確かに個人的にドクターと契約している選手はたくさんいるし、それが当たり前だとしても、じゃあチームのドクターはなにをしている?ってことになると思うんですよ。いまどき一流チームにはドクターが5人もいるなんて当たり前のことだし。そりゃ、それぞれに専門的な知識が必要だからってことでしょうけど。

スペインで事件が勃発したときも、陸上やテニスで自転車と同じくらい多くの選手、重要な地位にいる選手がいたのに、うやむやになったり、サッカーでセリエAだったかの件では、チームが処罰の対象になったけど、自転車は怪しい時点でチームからすぐに切られてしまい、罪を受けるのは個人というのもおかしな話しだと思う。プロツールレベルの話しね。下のカテゴリーはまた別だから。

「いや、サッカーのときはチームぐるみだし」って声もあるとは思うけど、じゃあテニスや陸上はどうしてってことにもなる。なぜなくならないか?って問題もデリケートな問題だよね。マペイがスポンサーを降りた理由もその辺りに問題があるようだし、自転車選手だけの問題じゃないし、自転車界だけの問題でもない。もちろん自転車に関連したスポンサーだけの問題でもないし、スポーツ界全体のなかでのもくろみ、マスコミや政治を含めて関係しているから難しい問題なんだろうと思う。

でもそんなことを言っても、所詮本当のことがわかっているのは当事者だけ。もしかしたら当事者だってわからないことだってあるように感じる今日この頃だよなぁ。
2010.04.28 01:55
ヴァルデマール
CYPRESSさん、

はいはい、どうもです。私の書き方が舌足らずだったようですね。むろん法律の問題なのですが、それ以前の話として、法律違反の法的根拠はなにかということです。ドーピングをするとなぜ、

  人気が無くなる、競技人口が減る、ファンが減る、スポンサーが付かなくなる

のでしょう?なぜドーピングがだめなのでしょう?一時話題になったように、なぜ人を殺してはいけないの?っていう問いに正面から言葉で論理的に答えるのは結構難しいです。同じようなことがドーピングにも言えるかもしれません。

ちょっと酔っぱらった頭なので、もう少し考えますが、もっと根源的に考え、そしてドーピングはやはり駄目なのだということが言えないと、ドーピングについて軽々に語るわけにはいかないでしょう。願望や感情で語るわけにはいかないでしょう。

いずれ、ドーピングについてはきちんとまとめたいと思っています。
2010.04.27 22:10
CYPRESS
ドーピングについて
1:
倫理的な問題ではなく、ヨーロッパでは法律に違反する犯罪です。
フランスでは「スポーツでの詐欺罪」なり、プロのスポーツ選手がドーピング薬物を持っているだけで犯罪(実刑になるはず)。
2:
白人の倫理感がドーピングの元になっている気がします。
選手、スタッフ、主催者の記事を読むと、ドーピングを禁止するのは悪いからではなく、人気が無くなる、競技人口が減る、ファンが減る、スポンサーが付かなくなる、等の理由しか出てきません。
私が読んだのは英語の記事だけですから、断言するのは気が引けますが、
前回W杯決勝でマテラッツィがジダンを挑発して退場させた事を考えるとさほど的外れとは思えません。
3:
ロードレースがドーピングと結び付けられやすいのは
a.創世期からドーピング以外の不正行為も行われてる。
b.プロスポーツである。
c.ドーピングで死者が出た。
d.過去に何回も問題になっているのにドーピングをやる選手が続出している。
4:
WADAによる抜き打ちチェックはロード選手だけの事ではなく、他のスポーツでも行われています。
日本でもスポーツ選手がバラエティに出演すると、抜き打ちチェックが話題になります。
5:
ジョナサン ボータースによるとロードレースは科学的な方法が最も効果が出やすいスポーツだとか。
という事はトレーニング法や食事の取り方を研究工夫し、効果が表れ突然レースに勝つと、今迄の出来事から、ドーピングを疑われやすい。
今回のヴィーノの件も、彼自身に素質があり、トレーニングの効果が出たと捉えていいでしょう、ドーピングチェックが陰性なら。
6:
ところでヴィーノのツール出場の件、カザフスタンがASOにとって金になるかどうかの問題でしょう。
ツール最終日、シャンゼリゼでビールの空き缶を撒き散らしてるのがどこから来た人間かを考えれば、答は…。
2010.04.27 20:04
ヴァルデマール
こばやし様、

コメントをありがとう。難しいよねぇ。楽して勝てるなら、その方が絶対いいもん。常々、倫理観(つまり正々堂々と戦えってこと)でドーピングを非難するのはちょっと無理ではないかと思っているんですよ。
2010.04.27 11:28
こばやし
いまの自転車界のトップカテゴリーでは、ドーピングは異常なチェック振りだからね。選手はどこにいるか常に申告してわかっていないといけないし(3回申告と違っていたらペナルティだよね?)、通達なしで(当たり前だけど)真夜中だろうが、早朝だろうが家宅捜査までされるし。プライベートなんて関係なしだからね。

ビノクロフの場合はまあ、表にでないこともあるけど、確かにこれは難しい問題だね。サッカーやテニス、陸上などではどうしてこうならないのかってことも考える必要がある気がするけど。
2010.04.27 11:21

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/104-1b9ec0ee

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム