fc2ブログ
2022 12 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2023 02

首を吊るロープの長さを考える想像力

2012.08.12.18:05

人々はこんな新聞記事の文章を読んで吐き気を感じないんだろうか?絞首刑は残虐だという議論があることから、法務省が死刑執行方法を検討するという記事のことだ。

「日本では、1883年に新聞で『頭部が部分的に切断された』と報じられた例がある。法務省は『死刑囚の身長や体重を考慮してロープを必要な長さにしており、現在では切断はあり得ない』と説明する。」

なにが吐き気を催すかって、人の「身長や体重を考慮して」ロープの長さを決めているという文言だ。人をいかに殺すか、その際、いかにすれば首が切断されることなく、うまい案配に殺すことができるか、それを一生懸命考えている人がどこかにいるということだ。なんていうグロテスクな想像力だろう。まるで、ナチスがどうすればいちばん効率よくユダヤ人を抹殺できるかを真剣に考えたっていう話を思い出させる話じゃない?

日本では死刑を廃止すべきでないという人が85%ぐらいいるそうだ。ただ、僕の印象ではそのうちの半分以上の人は、マスコミのあおりをもろに受けているような気がする。前にも書いたけど、マスコミは犯人がどれほど悪党かを述べることに血道を上げている。TVも容疑者がいかにも悪そうに見える瞬間をカメラに収めようとする。こういうマスコミの情報を素直に信じる人たちが、やっぱり悪い奴がいるんだから死刑は必要だよね、と言っているんじゃないだろうか。だからこそ、ぜひそういう人たちに聞いてみたい、いま、実際に死刑が実行されている国は大国ではアメリカの一部の州と中国だけで、あとは北朝鮮やベラルーシみたいな独裁国やアフリカの一部、そしてイスラムの国々ぐらいだってことをどう考えるんだろう?

大分むかし、日本には死んでお詫びするという文化がありますと言った女性法務大臣がいたが、責任ある立場の人間が思いつきでいうなよな、そんな文化ありゃしないよ。きっと切腹のことでも連想しているんだろうけど、武士だけで(しかもありゃあ形式的なものに過ぎなかったんだろうし)町人や農民には切腹は禁止されていたそうだし、死んでお詫びしないのは終戦時の責任者達や今回の原発事故ではっきりしてる。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



comment

アンコウ
あるふぁさん、

こんにちは。

> 殺人がいけないならなんで死刑はOKなのでしょうかね

まさにそこなんですよね。イジメはいけないといいながらみんなでよってたかっていじめている大人たち。嘘はいけないと言いながら嘘つきまくっている偉い大人たち。差別はいけないと言いながら差別している大人たち。
人を殺しちゃいけないと言いながら、どうすれば死刑で確実に殺せるかを考えている大人たち。大人たちにこういう整合性のないことをやっていることの自覚があるんでしょうか?そして、子供達にどう説明すればいいんでしょうね??
2012.08.13 12:15
あるふぁ
極刑に対する考えたは人それぞれあるかもしれませんが
えん罪が無くならない以上死刑は無しでしょう
死刑のあとえん罪だったら責任をとれる人なんてありえませんから
殺人がいけないならなんで死刑はOKなのでしょうかね
そぼくな疑問でした
2012.08.13 01:00

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/tb.php/1023-6fa48cb2

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム