fc2ブログ
2024 01 << 1234567891011121314151617181920212223242526272829>> 2024 03

映画「蜘蛛巣城」

2024.02.07.11:14



昨日の昼間にNHKBSでやってました。いやぁ、画面も音声も聞き取りやすくなっていたけど、それでも三分の一は聞き取れなかったです 笑)この映画も三百人劇場の黒澤明の全貌と並木座で見てますが、2回とも、なにしろセリフが全く聞き取れなかったという記憶があります。特に妖婆(写真)のセリフは一言も聞き取れなかったと記憶してます。今回は三分の二は聞き取れました 笑)ただ、雰囲気がすごいんですよね。上記三百人劇場では、主だったものをほぼ全部見ましたが、そんな中でも個人的にはこの映画をかなり上位にランクづけしたものでした。

でもやっぱりすごいですね。能とか歌舞伎とか古典芸能の雰囲気、様式美を意識していて、霧の風景なんかは水墨画のイメージでしょうか? 思うのは、「乱」もそうだけど、シェークスピアの原作を実にうまく戦国時代の日本に取り込んでます。まあ、こんなこと当時からみんな言われていたことでしょうけど 苦笑)

今回見て、あっ、と思ったのは三船の旗印がムカデだったこと。それに対して千秋のほうはウサギ。あまりに露骨すぎるだろ! 黒澤明って親切すぎるんですよね 笑)「生きる」の伊藤雄之助も、私がメフィストフェーレスになりましょう、なんて説明しちゃってるし。。。苦笑)

黒沢って画面の中で人物をどう動かすかとかの様式美にこだわった人だと思うけど、「赤ひげ」以降はそれがあまりにわざとらしく感じられて、同時にやたらとベタベタのヒューマニズム、センチメンタリズムが鼻について、僕は「乱」以外はほぼどれも苦手です。だけど、この時代はそれがあまり気にならない。昨日見直しても、所作も動きも何度もリハーサルを繰り替えしてるんだろうと思わせましたが、晩年のものにくらべてあざとい感じがしませんでした。まあ、好みですけどね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム