fc2ブログ
2023 11 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2024 01

久しぶりにFBでネトウヨとやり合う 笑)

2023.12.08.09:37

いやはや、今いろんなことが同時進行的に忙しくて困っているというのに、いらんことを、またやってしまった 笑)

まあ詳しいことは書かんけど、要するに外国人と女性に対する明らかな差別主義者、しかも自分がそうだと気がついていないと思われる参政党の支持者が、山本太郎のFBで僕のコメントに噛みついてきたわけですよ。最初は外国人地方参政権について。

確かに山本太郎は外国人に地方参政権は、さまざまな制限を設けた上で考えるべきだ、これは20世紀には自民党や公明党も話し合っていたと言っている。

これに対してくだんのレイシストは平成7年2月28日の最高裁判決で「外国人の地方公共団体の参政権を付与することは憲法違反である」から、これは決着がついているのだ、と。

でもそうだとしたらこれほど色々なところで地方自治体の参政権を定住外国人に与えてもいいのではないかという話が出るはずはない。で、色々調べる羽目に。ばかだね、やめときゃいいのに。と思うけど、火がつくと止まらなくなっちゃうんですよねぇ。。。

結論、確定なんかしてません。確かに憲法は地方公共団体における選挙権を在留外国人に保障していません。ですが、では彼らに地方公共団体の選挙権を与えることはできないのか、といえば、それはできるんですね。ようするに、憲法は保証はしてないけど禁止もしてない。

おそらくはくだんのレイシストは、たぶんどっかのビジウヨか参政党あたりのYouTubeかなんかから引っ張ってきたんでしょうけど、やっぱり都合の良いところだけ切り取ってるんですよ。上記高裁判決文も、全文がネットで読めるけど、途中ずっと原告の永住外国人に地方参政権を与えないことのおかしさを延々と述べています。それを読むと、与えよという判決が出るんじゃないかと思うほど。

ここ勘違いしている人がいるけど、地方参政権であって、国政じゃないですからね。外国人に参政権を与えたら日本がのっとられるなんてバカが言うことです。それぞれの小さな自治体でゴミの出し方やら地域の道路の補修やら自転車レーンの線引きやらを決める話し合いに、そこに住んでいる外国人を加えると言うのは今の時代の理にかなっているわけでしょう。

まあ、その後テーマは天皇制に変わったりしたんだけど、最後の最後に「山本太郎を聞いたことはないからわからないけど」という文言見てキレました。久しぶりに「ふざけるな!」という言葉がでましたね 笑) 読んでもいない本について、瑣末な部分での噂を信じて喧嘩ふっかけてきたわけですよ。まったくねえ。時間の無駄でした。最初から リン・ビョウ・トウ・シャ・カイ・ジン・レツ・ザイ・ゼン と魔除けの呪文を書いておしまいにしておけばよかった 笑)

お粗末さまでした 苦笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム