FC2ブログ
2019 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2019 08

ゲシュケのツール・ツィート日記(1)

2019.07.07.11:16

恒例の cyclingmagazine.de のツィート日記。今年も去年に続きゲシュケが答えます。

しかし今年のスプリンターはキッテルはむろんのこと、ガビリアもデーゲもカヴもアッカーマンもいないし、グライペルも体調不良だったそうだから、フルーネヴェーヘンとかヴィヴィアーニとかユアンが一人で何勝もするんじゃないかと思っていたら、スプリンターとしてはノーマークのマイク・トェーニッセンが取っちゃいました。

もっともフルーネヴェーヘンのカタパルト役だったんだろうから、スプリント力はもともとある程度あったんでしょうけどね。私としては、一瞬ツァーベルがもしや!と思ったんですけどね 笑)


1ステージ、194キロ、115位、+0:00分

Cyclingmagazine: どんな1日だった?

ゲシュケ: やあ、ツィッター日記! ついに始まって喜んでいるよ。ほとんどのスプリントステージでそう思うけど、終わってホッとしているよ。フレフ【ファン・アーフェルマート】が山岳賞マイヨを取って早くも表彰台に登れた。もちろんこれには僕らはみんな満足しているよ。

C: フレフはワールドクラスのクラシックハンターだから、最初から、「ムールの壁は知っているから逃げて山岳マイヨを奪うぜ」と宣言していたのかな? それともあれはとっさのものだったのかな?

ゲ: いや、あれは計画通りさ。スプリンターのいない僕らのチームで今日取れるものが他に何かあるかい?

C: なるほど、計画はパーフェクトだったね。集団では、ベルギーでは普段のツールよりも激しいレースになると思っていた選手も多かったんじゃない? 君はどう感じた?

ゲ: うーん、普段の第一ステージほど激しいとは思わなかったなぁ。でも、僕はほとんどいつも後ろの方にいたからね 笑)

C: 君たちのチームにとって山岳マイヨはどのぐらい重要なんだろう? 明日はチームTTがあるからフレフは少なくとも月曜まではこれを着てられるね。

ゲ: そんなにこのマイヨにこだわりはないよ。彼がパリまでこれを着て行く可能性はわずかだからね。でもツールでの賞は大切だよ。なにしろスプリンターも総合狙いの選手もいないんだからね。できるものはなんでも頂きたいね。

C: 最後に、グランデパールでは偉大なエディ・メルクスがものすごく讃えられる演出だったけど、君たち選手もそれを一緒に体験したわけだけど、やっぱりこのツールのスタートは何か特別なものだと思えたのかな?

ゲ: 正直にいえば、それほど一緒に体験したとは言えないかな。ただ、スタートの時に何千人ものファンが「エディ、エディ」と叫んでいたから、ああ、今メルクスが舞台の上にいるに違いない、とわかったけど。でも、ブリュッセルでのツールスタートは大成功だったと思うね。



むかし20世紀にブリュッセルに行ったことがあります。あのグランプラスに朝7時ごろについて、人通りのあまりない、ヴィクトル・ユーゴー言う所の「世界一美しい広場」を見て回ったんですが、あんまりに綺麗すぎてなんか「かき割り」感というか作り物感がありました。まあ、作り物なんだけど 笑)その数日後の日曜日の午前中にはその広場を埋めてペットの鳥の市が開かれていたのと、夜酔っ払ってライトアップされたグランプラスの人混みをかき分け歩いた記憶が少し残ってます。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム