FC2ブログ
2018 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 06

パトリック・コンラートのジロ回顧

2018.05.31.11:09

radsportnews にボーラのオーストリア人コンラートのインタビューが載っていましたのでご紹介。

しかし、オーストリア人のジロでのトップテン入りは03年のゲロルシュタイナー時代のゲオルク・トチュニヒの5位以来だそうです。

……
rsn: ご自分ではどのステージがベストでしたか?

コンラート: バルドネッキアへの最後から二つ目のステージ【19ステージ】かな。そこでトップテン入りを確定させたからね。

rsn: ジロで一番素晴らしかった日は?

コンラート: 素晴らしい日はたくさんあったよ。特にサム・ベネットがステージ優勝した日はもちろんだね。とても素晴らしい気持ちを共有できたから。僕個人ではローマが一番かな。これで終わりだと思ったし、やり遂げた気分だったし、目標以上の結果も得たからね。

rsn: ジロで最悪の日は?

コンラート: 矛盾するようだけどベストの日、つまり第19ステージだね。フィネストル峠は苦痛に満ちた登りで、メンタル面で最悪だった。しかしグランツールでの浮き沈むがあるのは当たり前だよ。どんな状況でもベストを尽くさなければならないんだ。そうすることでしか良い成績は上げられないよ。

rsn: ずっと一緒だったルームメイトがいなくなって残念かな?

コンラート: いや、僕のルームメイトはリュディガー・ゼーリヒ【序盤でリタイア】だったから、ずっとルームメイトなしだったんだ。ルームメイトがいるとそのステージについて面白い話ができるし、インサイダージョークで楽しめるけどね。

rsn: 今回のジロで今でも辛い思い出として残っている登りは?

コンラート: 二つあるね。ゾンコランとエトナだ。この二つは本当に限界ギリギリのところで走ったからね。

rsn: この後ご褒美として何が得られるのかな?

コンラート: まずは自転車からしばらく離れられること、それと愛する人たちと一緒の時間を過ごせること。一番重要なのは日々のダイエットを考えなくても済むこと。

rsn: 一番お礼を言いたいのは?

コンラート: チームだよ。ほぼ一月、僕のことをサポートしてくれて信頼仕切ってくれたんだからね。
……

話変わって、ベルナール・イノーがフルームの勝利に怒ってますねぇ。去年のブエルタでのサルブタモール問題が解決ついてないのに、ジロに出場させたチームもおかしいと。

「去年のブエルタで彼は陽性反応を示したんだ。出場停止にしなければならないし、ジロのスタートも許されるべきではなかったはずだ。【グランツール3連覇はメルクスと自分しかやってなかったが】フルームはこのリストに加わるべきではない。そもそも弁明のための時間がこんなに長く与えられるなんて、スカイはそんなに大金持ちなのか?【この状態でツールに出るようなら】それはもうスキャンダルだ。」(イノーがベルギーのヘト・ラーツェ・ニュース紙に語った言葉)

まあ、こういう反応は当然出るでしょうね。私も少しそう思うところがあります。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム