FC2ブログ
2016 02 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2016 04

GPルガーノ、不幸中の幸い

2016.03.01.15:01

シュイテルティングの19歳の新人ケムナの初レースというのでちょっと注目していたGPルガーノで、まあ、なんと奇跡的とも言えるような幸運(?)な事故が起きました。

主役やアーノルト・フィークというチーム・クリスティーナ・ジュエリーの22歳のドイツ人選手。

濡れた路面で橋の欄干を超えて転落し、12メートル下のルガーノ湖にボチャン。



泳いで橋の下にあるゴミ止め(?)の柵の上によじ登って、ボートに救われて病院へ運ばれたそうです。


診断では腰に小さな骨折と打ち身。ありえないような奇跡だとのことです。ただし、復帰がいつになるかは不明とのこと。

「道路が滑りやすかった。僕は右カーブで転んだ。ガードレールにつかまろうとしたが、できなかった。手すりに腰からぶつかって、【手すりを乗り越えて】水の中へ落ちた。大体5メーターぐらい泳いで、壁によじ登って救命ボートを待った。水に落ちた瞬間に思ったのは、もうだめだ、だった。」

ツールなんかでもよく橋を渡るシーンがあるけど、ここで集団落車なんかあったら何人か橋から落ちるよなぁ、と思うんですがね。こんな高くない小川への転落だと、バルタリが初出場した1936年のツールのアルプスでの出来事なんかが思い浮かびますが。。。(マイヨ・ジョーヌのまま、ぐしょ濡れのまま下って風邪をこじらせてリタイアという残念な結果に終わりました。)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム