2013 11 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2014 01

カンチェラーラ、2013年の総括

2013.12.31.18:35

というわけで、rsnのドイツ語圏選手総括シリーズ、1位はカンチェラーラでした。ま、ベルンの出身だからドイツ語圏は間違いないけどね 笑)

拙ブログ、あまりカンチェラーラを熱心にフォローしてないんですけど、6位ツィオレク、5位マルティン、4位キッテル、3位デーゲンコルプ、2位グライペルときて、これで1位の紹介しないわけにはいきませんよね 笑)

TTのスペシャリストからクラシックの王者へというのがrsnの記事の出だし。ここ数年、カンチェラーラに顕著になってきたこの特徴が、今シーズンはさらに進歩したという感じでした。たしかに今シーズンもスイス選手権、オーストリア一周、ブエルタとTTで3勝しているんですが、そして、なによりブエルタではマルティンを破っているんですが、カンチェラーラの勝利のインパクトはTTよりもフランドルとパリ〜ルーベですね。

他にもその前のミラノ〜サンレモ(3/17)でも3位で、最後の展開を作っていたのはサガンとカンチェラーラでしたからね。そしてその後のE3プレイス・ハレルベケ(3/22)でも優勝。フランドル(3/31)パリ〜ルーベ(4/7)は優勝候補筆頭で、それを見事に実現してしまいました。しかもフランドルはまたしてもワープしたみたいな圧倒的な強さ。あのサガンが苦しそうな顔してずるずる遅れていきましたからね。

「フランドルの優勝は特別だったね。去年ここで落車して病院へ送られたんだから。」

シーズン後半は世界選手権にターゲットを絞って、ブエルタは調整にしたようですが、そこでマルティンに勝ったのに、肝心の世界戦では3位に終わり、それ以上に狙っていたロードでは10位止まりでした。

「僕の目標は勝つことだった。でも自分を非難すべき点は何もない。全てやれることはやった」と潔(いさぎよ)いです。「とても素晴らしいシーズンだった。前の年と比べれば今年はとても幸運だったと言って良いね。」

来シーズンの目標はやっぱりクラシックですね。チーム自体がすでにワンデーレースに最大の重点を置いて、カンチェラーラをサポートすると明言しているようですし。最初のレースは2月の新しいドバイ・ツールで始め、その後はクラシックに向けて通常のプログラムだとのこと。そして、シーズン後半はやっぱり世界選手権のようです。

「シーズン後半は世界戦に狙いをさだめるのは秘密でもなんでもないよ。ロードタイトルがまだ僕には欠けているからね。」

今年と同様、世界戦に備えてツールはパスしてブエルタへ回るのかどうかは、まだ今のところ未定のようです。

ただ、カンチェラーラと言えば、このrsnの総括ニュースでは出てないんですが、やっぱりアワーレコード挑戦。最近のニュースではクラシックが終わった4月がそのための最大のチャンスだと言ってます。チーム監督のルカ・グエルチレーナは「ファビアンがロードからピストへ100%の調子で移行できるタイミングを見計らいたい。ピストで記録を狙うような走り方に慣れるまで、少なくとも15日は必要だろう」と言っています。場所はバレンシアかメキシコのようです。アルデンヌのクラシックの頃か、それが終わる頃でしょうかね?

ところで、これまでの記録は2005年のオンドレイ・ソセンカの49.700キロですが、このチェコの選手は2008年にドーピングで2年の出場停止になって引退したようですね。。。汗)

では、みなさん、良いお年をお迎え下さい。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
送料無料!お取り寄せ通販特集
関連記事
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと努力しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

マガジン9条

FC2カウンター

Amazon

ブロとも一覧

検索フォーム