fc2ブログ
2013 02 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2013 04

ゲシュケのブログ、イタリアの春

2013.03.22.14:34

惨憺たるミラノ〜サンレモ、最後の報告は拙ブログでたまに登場するジーモン・ゲシュケです。

--------
ぼくが3月のレースについてチームと話し合ったとき、イタリアの太陽のもと、春めいた気温のなかで行われる美しいレースを思い描いていた。いずれにしても、レースプログラムはすばらしかったけど、天気は期待したようには行かなかった。ティレノ〜アドリアティコで、ぼくらはすでに4回も雨に祟られ、この前の日曜のミラノ〜サンレモはスタート時点で2℃の雨、その後は0℃の雪になった。

でも嘆いてもしょうがない。それにティレノでの自分の成績は嘆くようなものではなかった。2回ステージで10位になれたし、これは十分自信になった。このステージレースの後、僕は絶好調に近づいたと良い気分だった。日曜のミラノ〜サンレモでは、だから良いレースができると思っていたし、ひょっとしたら去年の13位を上回れるかもしれないと期待していた。でもレースが始まって、スタート直後にびしょ濡れになり、しかもその後は雪になった。もう計画変更だ。自分の体温が下がっているのが分かったし、これで298キロの今シーズン最長のレースを完走できたら、こりゃあ奇跡だって考えたね。僕の手と足はまだむろん僕の体の一部だったけど、そうはとても思えなかったよ。そのうち、チームカーの監督がレースは117キロ地点で雪のために中断だと教えてくれた。そこでぼくらはチームバスで180キロ地点まで移動し、再びそこからスタートしなければならなかった。さすがにそこは海岸沿いだけあって、気温は4度で雪じゃなく雨が降っていた。SRMで、バスでどのぐらい距離を稼いだか調べてみた。ちょうど65キロ。僕のヘルメットからは水が滴り、いつの間にか目の前にツララが下がっていた。本当に震えながら走り続け、ただ前の選手の後輪だけに集中しようとした。そしてこんなひどい思いをしているのは僕だけじゃないのか、って考えていた。そのうち集団が分裂し、震えながら選手たちが後続集団でまとまった。気がつくと右も左もみんな真っ白だった。やめる選手も出た。だけど僕は最後まで走った。走りきるためにベストを尽くした。優勝者から5分以上遅れて、79位でゴール。全部で240キロ、ほぼ6時間の走行時間。そしてその間に暖かいと感じたことを一度としてなかった。でも正直に言うと、もうそんなことどうでも良かった。ただただ、終わったことがうれしかった。この日ほど自分の職業について考えたことはなかった。こんな条件下で普通にレースをした選手たちには拍手を送るよ。ぼくはレースにならなかったね。何人もの選手がこの土砂降りの寒さの中で勝負したんだからね。残念だけどぼくはそこに加われなかった。こんなサバイバルレースのあと、体調が悪くならなければいいけど。週末にはクリテリウム・アンテルナショナルがあるんだ。できればもっと良い天気でレースがしたいよ。

ジーモン
-----------

しかし、なんだかんだ言って、ゲシュケは5分遅れ程度でゴールしたんですね。調子は良いんでしょう。ちなみに昨日紹介したフレーリンガーは9分以上遅れて84位でした。そうそう、一昨日紹介したヴェークマンは87位。ほぼフレーリンガーと一緒のゴールです。こんな日は一緒に走る選手がいないとやめたくなるだろうなぁ。リタイアは65人ですね。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム