FC2ブログ
2012 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2012 12

映画「ザ・ロード」覚え書き(ネタバレ注意)

2012.11.14.16:11


ザ・ロード [DVD]ザ・ロード [DVD]
(2010/12/03)
ヴィゴ・モーテンセン、コディ・スミット・マクフィー 他

商品詳細を見る

いつものようにシネフィルイマジカで録画しておいたもの。

白黒に近いモノトーン基調で、昔見たロシア映画の「死者からの手紙」という、同じように人類滅亡直前を舞台にしたSFを思い出した。父と子供が廃墟と化した世界を南へ向かって歩いて行くという内容で、女性がまともに出てくるのは父親の思い出のなかぐらいで、その点でも、この手の映画としてはめずらしいんじゃないだろうか。

SFらしい特撮シーンはないし、アクションシーンもない。ときどき出てくる人食いと化した生き残った人間達にハラハラさせられるが、それ以外はほとんど、どんよりと雲の垂れ込めた廃墟の風景のなかをカートを押してあるくボロボロの親子の姿ばかり。ただ、どんよりと雲が垂れ込めたなかに点々と電信柱(?)が墨絵のように見えるような幻想的なシーンとか、映像としてフォトジェニックなシーンはいくつもある。

世の中は食糧難から、生き残った人々が人間を襲って喰うような暗澹たる世界で、そんななかで、主人公の父は息子にひたすら善き人となるよう諭す。全体的に陽が差さない昼間はモノクロに近い色合いで、火を焚く夜だけは普通のカラーになるんだけど、昼間のグレーの暗い世界に対して、夜のシーンの火はそうした少年の心に宿った善き炎のようである。

何が原因かはわからないが、動物も植物も死に絶え、食料がなくなり、厚い雲に覆われている廃墟と化した地球が舞台。こういうSFって昔から好きだった。大分昔のスウェーデンのSF小説「洪水の後」とか、バラードの「結晶世界」とか、きっともっとあるはずだけどね。この映画にも原作があるらしいので、そのうち暇を見て読んでみよう。

ただ、フクシマを経験した後では、むしろ昔見たロシア映画の「死者からの手紙」の、シェルターの外は放射能の猛吹雪のほうが、人類滅亡のシナリオとしてはリアリティがあるかもしれない。こちらはもう30年近く前に映画館で一度見ただけで、DVDも出てないようなので、記憶はかなりいい加減だけど、行方不明になっている妻と子供にあてて、シェルターの中で差し出す当てもない手紙を書き続ける老人の話だった。最後、老人は死んで、残っている孤児の子供達は防護服を着て放射能の荒れ狂う地上へ出て行くのだったと思う。

ところで、この「ザ・ロード」、アマゾンのレビュでは星5つから1つまでいろんな感想があるけど、この映画に星1つをつける人とは話ができないだろうなぁ 苦笑)


良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム