FC2ブログ
2012 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2012 12

マルクス・ブルクハルトの今シーズン総括

2012.11.29.07:41

石原・橋下の野合を言わず、小沢に懸念を言う大マスコミにはいい加減うんざりだ。石原と橋下は原発と消費税では石原は賛成、橋下は反対、TPPは橋下賛成、石原反対、つまり政策はこの二人、まったく逆だった。それが玉虫色の(どうとでも取れる)公約を挙げて一緒になるから野合なのだ。

一方未来のほうはこの三つの政策で、濃淡はあるとしても、同じ方向を向いている党が合流したのだ。この点を比べてみれば、どちらがまっとうかは一目瞭然。しかし、大マスコミはそうした点はまったく無視。作為があるとしか思えない。

こうした事情は、先日書いた「戦後史の正体」を読むと、実によく理解できる。マスコミの刷り込みには気をつけよう。

さて、rsn で、恒例のドイツ語圏選手の総括をやっています。この人の名前、ブルクハートと表記されることが多いようですが、イタリア・ルネサンスの古典の著者ヤーコプ・ブルクハルトに習って、拙ブログではこう呼んでおきます。

まあ、アシスト選手ですから、あまり個人的な成績で目立つことはないんですがね。今年は優勝なしでした。印象としてはフォイクトにとても似たタイプ、タイプだけでなく、外見も大柄で似ています。

「レースに勝つという目標はまた達成できなかった。でも、ほとんどのレースで、ぼくはエースのために走ったんだから、ぼくのチーム内での役割は果たせたね。特にツールでは去年よりも調子が良かったから、カーデル・エヴァンズをかなり長くアシストすることができた。またフランドルでは勝負所まで頑張って、レースにアクセントをつけることができた【結果はエースのバッランが3位】。(個人的な成績に関してはドイツ選手権の五位が最高だったが)このレースは大変不満だ。絶対的なアタックのタイミングを完全に取り逃がしてしまった。調子が良かったのは、【ヴェークマンたちの】逃げが決まった後の追走で、二分も差を縮めたことからもわかるだろう?来シーズンはこのレースに焦点を合わせているよ。それとまたツールに出場することが目標だ。ただ、明らかに山岳が多いから、選ばれるのは難しいかもしれない。だけど、なんていったって100回目だからね、なんとかして出場したいよ。」

ブルクハルトといえば、ぼくは2010年のスイス一周の、ラスト1キロでの逃げた三人からのアタックですね。

良ければ、下のボタンを押してみてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム