fc2ブログ
2012 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2012 08

小沢新党結成?

2012.07.11.15:16

僕の尊敬するブロガーの人たちの多くが、小沢一郎に多大な期待を寄せている。特にこれまでも何度か拙ブログでご紹介している「反戦な家づくり」さんも熱烈な小沢の支持者だ。だけど、正直に言って、小沢に期待を寄せて良いのか、僕には分からない。ただ、当初期待した民主党、なんだかんだ言って鳩山、菅までは、まだ自公時代とは違うんだろうと漠然と思っていた。しかし、野田になって、これはもう明らかに自公政権と同じか、あるいはもっとあくどいという気がしている。

以前「ショック・ドクトリン」という本について二度にわたって書いたことがある。

「ショック・ドクトリン」(まだ読書中)
「ショック・ドクトリン」覚え書き

ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴くショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く
(2011/09/09)
ナオミ・クライン

商品詳細を見る


やはり権力ある人々は、この原発の再稼働のごたごたというショックのなかで、原子力基本法の「安全保障」文言に代表されるように、人々がショックを受けている間に事を行うというこれまでのやり方をそのまま踏襲しているようだ。だから、ここにきて、消費税反対は無論のこと、TPPに反対し、脱原発を明言するらしい小沢新党に期待を掛けるしかないのかもしれない、という気もしている。

今朝の新聞では昨年調べた福島県の子供の甲状腺被爆にかんして、国は不安を招くからという理由で公表しなかったし、これからも公表しないそうだ。こんな国ってあるか? まるでどこかの独裁国家だ。つい最近まで自己責任という言葉を国民に押しつけ、そのくせ国民が必要とする重要な情報は出さない。責任を問うからには情報開示が前提ってもんだろう?そして本当に責任を問われるべき権力もつものたちは責任を全く取ろうとしない。こういうのが嫌だから、みんな三年前の選挙で自公に愛想を尽かしたはずなんだ。だけど、三年経ったら民主も同じ事になった。

大津市のイジメ自殺事件、ニュースを聞けば聞くほど、腹が立つ事件だ。だが、全国民がみんないっせいにこのニュースばかりに腹を立てていて、他のことに目を向けないで良いのだろうか。なんか、このイジメ事件、もっと目を向けるべき出来事から目をそらさせるためのダミー、あるいは別の腹を立てるべき事に対するガス抜きなんじゃないかとすら思えてくる。


良ければ、下のボタンを押してみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム