FC2ブログ
2019 11 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2020 01

2019年総括シリーズ、ジーモン・ゲシュケ

2019.12.04.23:59

なんてことでしょう。これをアップしようとしたら、アフガンで中村医師が銃撃されて亡くなったというニュースが飛び込んできました。さっきまでのニュースでは銃撃されたけど命に別状なしだったのに。通販生活などで何度も記事を読んでいました。心からご冥福をお祈りします。


今年からCCCに移籍して、これまでのアシストから自由に動ける立場になったんではないかと思われたんですが、何しろ移籍して最初のレース、ムルシア一周で落車して肘を骨折しましたからね。おかげで1月以上レースに出られず、やっとさあこれからと思ったら3月末のカムバックレース、カタロニア一周でまたまた落車。今度は鎖骨骨折で再び6週間の離脱。惨憺たるものでありました。

「春先については話す必要はないよね。最大の失望だった。僕はとてもよくシーズンの準備をすることができていたんだ。二回の落車の後もずっと、【走る距離が少なかったせいで】自分の調子が、きついレースになればなるほど上がらないっていう問題が解決しなかったね。」

その後は調子もまあまあになり、5月のツアー・オブ・カリフォルニアではステージ3位もあって調子も上がり、ドイツナショナル選手権ではザクセンリングのきついコースで6位。さらに直後の7回目のツールでは、上位には入れなかったものの、7回目の完走を果たしました。

「病院での長い入院、リハビリ、ローラー台でのトレーニングの後だったからカリフォルニアの成績は僕には特別なものだったよ。ツールでは何日かとても良い日があったけど、結局は以前のように安定してなかったってことだね。」

最も良かったのはその後で、ポーランド一周では山岳賞マイヨを手に入れ、ドイツ・ツールでもドイツ人最上位の総合12位でした。

「ポーランドとドイツ・ツールでは絶好調だったね。あんなに調子が良かったのは記憶にないな。残念ながら上位の成績はあげられなかったけど、こういうことってよくあることだよ。でも今シーズンで最高のことができたと言っていいよね。」

来年度はオリンピックも目標の一つだとのことですが、やっぱりアルデンヌクラシックで目立ちたいようです。

「僕はアルデンヌクラシックとツールのステージでの上位を狙っていきたいね。それと、2018年の個人TTでの好調さをもう一度取り戻したい。【来シーズンは】もっとアシストとしての働きが求められる母もしれないけど、レースをより厳しいものにしたいというのがチームの方針だから、僕の役割は今年と大きく変わることはないだろう。」

ゲシュケもなんだかんだ言っているうちに、すでに33歳。まあ、あと5年はできないでしょうから、この辺りでもう一度大きな優勝を狙いたいところですね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ゲシュケ、ポーランドの山岳王

2019.08.11.17:59

なんだかバタバタしているうちにツール・ド・ポーランドは終わってしまいました。ツールを走って、一週間足らずの休息で故郷ドイツを飛び越えて東のポーランドに参戦したゲシュケ、数合わせの参加かと思ったら山岳王ですよ!


最終ステージの第7ステージで5つの山岳ポイントでポイントを稼いで、それまでトップだったトマシュ・マルツィンスキに3ポイント差でした。前日までだとトップのマルツィンスキに9ポイント差。この最終日は最初の山岳ポイントから両者が激しく争って、最初はゲシュケがトップでマルツィンスキが2位、2つ目と3つ目はマルツィンスキがトップでゲシュケが2位。この時点で両者のポイント差は12ポイント。ほぼ決まったかと思ったか、それとも単にちぎれたか、4つ目のではゲシュケが3位で10ポイントを稼ぎ、最後の5つ目でも3位で5ポイント。これでひっくり返したのでした。

ゲシュケの話。「【CCCはポーランドのチームだから】故郷のレースで僕らはステージ優勝を目指そう、あわよくば総合トップ10を狙ってみようと計画していたんだ。でも山岳王は狙ってなかった。そして、その計画のために一番良い可能性があるのは逃げに乗ることだったんだ。僕はセルへ・パウウェルスと一緒に逃げに乗れたのが嬉しかった。本当はステージ優勝を狙って、ここへ来たんだけど、このレベルのレースではなかなか難しいね。でもそのかわりに山岳賞が取れた。これだけでも、攻撃的なレースをした甲斐があったってもんだよ。ずっと攻撃的に走ろうとみんなで言っていたんだ。山岳賞ポイントでトップを取ったのは1回だけだったけど、他のところで満遍なくポイントを取ったから、それがモノを言ったんだね。でも僕はゴールしたときには、そのことをまだ知らなかったんだ。」

多分ゲシュケが特別賞マイヨを手に入れたのは初めてではないでしょうかね?


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(21)

2019.07.30.15:02

このままおしまいかな、シャンゼリゼは無しかなと思ったんですが、翌朝になりましたが、ありました。日本時間で昨夜アップされていたようです 苦笑)

というわけで、cyclingmagazine.de のゲシュケのツィート最終回日記です。


21ステージ、128キロ、112位、+00:51

C: どんな(日曜)日だった?

ゲ: おはよう! 昨日の日曜日はもう一度ほんとにハードだったよ。まずアルプスからパリへの6時間の移動、それからシャンゼリゼでドンパチやったんだから。言っておくけど、この道路ってTVで見てる限り良さそうに見えるんだよ。だけど自転車に乗って一周走ってごらんよ、あちこち痛くてたまらないから。

C: 第22ステージでは少しは楽できたかい? 笑)

ゲ: うん、グルペットに入ってかなり早めに寝たよ。土曜からのポーランド一周でも走るから、僕としてはあまりハードな第22ステージはパスしたかったんだよ。

C: え? そりゃあハードな夏のプログラムだね。ツールに戻すけど、君の総括としてはどうなんだろう? 君にとって、そしてチームにとって。君は満足しているかい?

ゲ: ワンステージでも取れたらチームとしてはよかったんだろうけど、ツールほどハードなところはないからね。それでも僕らはよく戦ったよ。チームメンバーはほとんどずっと6人だったんだから。僕のことを言えばトップ10の成績があればよかったんだけどね、ご覧の通りさ。うまく行かなかった。

C: でも君のピレネーの走りは楽しませてもらったよ。このツイート日記の最後にまとめて。
1. このツールで最高の瞬間は?
2. 一生忘れられないだろうと思われるものは?
3. 君の個人的なランキングではこのツールは何番めかな?

ゲ: 1 はピレネーの走りだね。 2 は初めて違うチームで走ったツールってこと。 3 は2015年に次いで2番めかな。

C: ありがとう、ジーモン、素晴らしいレースを見せてくれたことに感謝するよ。とても楽しかったよ。また次回。

ゲ: こちらこそありがとう。うまく休養してまたね。


ゲシュケ、ポーランド一周に出るって言ってるけど、ジョーク? 本当に出るんですかね? DAZNでは放送するみたいなので、楽しみにしましょう。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(20)

2019.07.28.11:58

コロンビア、1983年にアマチュアのバルタ・カフェ・ド・コロンビアチームがツールに参加して、なにしろチームTTではトップに10分半以上遅れ、ヲイヲイって状態だったのに、ピレネーについたらミラーやデルガドという錚々たるクライマーを相手に優勝こそなかったものの上位に何人も入り、翌年84年にはルイス・エレラをエースにすると、ピレネーでミラーに次いで2位(僕がツールを知ったのはこのピレネーのミラーの映像だったような気がします)、アルプスのラルプ・デュエズではついに優勝!!

このルイス・エレラという小柄でやたら大腿骨の長い選手はブエルタで優勝し、ツールでもなんども優勝候補になったんだけど、結局5位止まりでした。その後もツールの優勝を狙えると言われたコロンビア人は、最近だけでもチャベスやウランやキンタナといたんですけどね。それがとうとうベルナルが果たしましたね。

というわけで、cyclingmagazine.de のゲシュケのツィート日記です。


20ステージ、59キロ、109位、+16:50

C: どんな日だった?

ゲ: 昨日よりはずっと素敵な日だった。レース中にも楽しむことができたよ。雨にも降られずに済んだ。

C: 「楽しんだ」と言っても、山が回避されて嬉しかった? それから、この登りは、総合狙いの選手たちにとって、ツールにふさわしい勝者を決めるのに「十分な」ものだったと思うかい?

ゲ: 80時間も自転車に乗れば【ベルナルの総合タイムは20ステージを終えて80時間弱】ツールの勝者を決めるのに十分だと思うね。確かにアルプスはこれであっという間に終わったけど、誰にもフェアなチャンスがあったし、トップ10はふさわしい選手がなったと思うよ。僕はこれでしばらくは高い山を見なくて済むと思うと嬉しいよ。

C: そりゃそうだ。ところで、20ステージを終えて、そもそも楽しく食事がとれるのかい?電解質のことなんか考えなければならないのかい?

ゲ: たくさん飲むのが重要だとうちのチームドクターは言ってる。だから僕はホテルのバーに行くよ 笑)

C: 医者の言うことは確かだね。うまく休息してね、ジーモン! ありがとう、頑張ってね、また明日。


ブーフマンの4位はドイツ人としてはアンドレアス・クレーデンが6位になった2006年?以来ですかね。それと、自転車って気持ちの部分って大切なんですね。アラフィリップもマイヨジョーヌを着ている間は気持ちで自分の能力の限界を出せてたんだろうけど、それを脱いだら「普通の」強い選手になってしまい、ブーフマンにも抜かれてしまいましたね。しかし今年のツールの最大の立役者でしょう。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(19)

2019.07.27.17:17

いやあ、フランスは記録的猛暑じゃなかったの? そういえば、おお昔連れ合いと観光旅行でチューリヒに行った時、夏なのに雹だかあられだかが降ってきてびっくりしたことがありました。しかし真っ白になっちゃうようなのはねぇ、びっくりだよね。

まあ、ステージが雪で途中で唐突に終了、というのはこれまでもあったはずです。昔は無線機なんかなかったから選手たちには伝わらず、大変だったみたいですけどね。そういえば数年前のキッテルが勝った最初のステージだったかも、ゴール前でバスがエンストだかパンクだかで動かなくなって、一旦ゴール前3キロだかがゴールと言われ、その後バスが移動できたので、当初の予定通りになったということがありましたね。

ステージが短くなると言われると、1996年のセストリエールヘのステージが雪のために序盤の山岳がすべてキャンセルになってセストリエールヘの50キロ足らずのステージになったことがありました。この時は山場のステージが短くなって、あんまり影響力のないステージになってしまったと思われたら、ビヤルネ・リースがアタックして逃げ切り、一躍総合トップに躍り出て、そのまま総合優勝を決めたのでした。

というわけで、cyclingmagazine.de のゲシュケのツィート日記です。


19ステージ、89キロ、100位、+17:00

C: どんな日だった?

ゲ: 今日ぐらい苦しんだのはあまりないね。レースがストップされるという報告を聞いた時は、クリスマスみたいだった! 今回のツールみたいにドラマチックな台本はなかなか考え付かないだろうな、ってゆるゆる考えていたよ。

C: レースが止まったのはどう伝わったの? 単純に無線で? それとも近くの車から?

ゲ: 僕は無線で聞いた。ほとんど信じられなかったね。僕がいた集団の他の選手たちはそれを聞いた時に、みんなどの顔にもあからさまな笑みが広がるのがわかったよ。

C: チームバスはもちろんゴール地点にあったわけだけど、君たちは車でホテルに向かったのかい? それとも大きな混乱はなかったかい?

ゲ: 僕らは下り切って車に乗ることになったんだけど、かなり混乱していたね。道路は車が走れるような状態じゃなかった。すべてがうまくいくのにおよそ1時間はかかった。ホテルへの最後の何キロかは結局僕らはまた自転車に乗って行ったよ。

C: 最後の山岳ステージに向けて君はどんな気分だい? 逃げを試みた後、もうタンクは空っぽになってるかい?

ゲ: 今日は本当に空っぽになったし、明日も天気は悪いそうだからね、大変だとおもってるうよ。僕の活躍できるステージではないしね。僕としてはあしたまた土砂崩れがあっても構わないな。

C: うまく休息してね、ジーモン! 君はこの日記でしばしば逃げグループについて報告してくれた。グルペットの印象もちょっとならOKだよ 笑) ありがとう、頑張ってね、また明日。


ピノの涙のリタイア、一昨日ここに書いたように、ピノが優勝じゃないかと思っていたんですけどね。涙のリタイアは私の世代だと、マイヨ・ジョーヌを着たまま肩甲骨骨折でリタイアしたパスカル・シモンや鎖骨骨折で泣きながらリタイアしたショーン・ケリー、あるいは母親の突然死の連絡で泣き崩れてチームカーに乗り込んだペドロ・デルガドのことなんかが思い出されます。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(18)

2019.07.26.16:52

昨夜はついに寝落ち。流石にこのところの寝不足が祟ったようです。おかげで昨日どうなったのかわからないまま仕事に出て、仕事の合間にあちこち見て知った次第。後でビデオで残り20キロあたりから見てみましょうかね。

というわけで、cyclingmagazine.de のゲシュケのツィート日記です。


18ステージ、208キロ、30位、+13:11

C: どんな日だった?

ゲ: ふーっ、昨日ここで言われたのは当たってた。本当にモンスターステージだったよ! 残念ながら逃げたグループの中で、僕には黄金の脚はなかった。だからセルヘ・パウエルスがうまく行ったのは嬉しいよ。しかし逃げにはワールドクラスのクライマーたちが一緒だったから、もちろん常にとてもハードだった。

C: キンタナ、バルデ、ウッズは本当にトップクラスだよね。君たちのチームは3人逃げに送り込めたね。君とセルヘとフレフ・ファン・アーフェルマートだろ。君たちは逃げが決まった後に急いで計画を立てたのかい? それともまずはそれぞれの脚の状態を様子見しようとしたのかい?

ゲ: 僕らは直感的にやったんだ。そして計画通りだった。僕らは3人とも若いにも関わらず経験豊富だからね 笑)ただ、オプションがたくさんあったわけじゃないから、何をすべきかはそれぞれわきまえていたよ。【パウエルスは35歳、ファン・アーフェルマートは34歳、ゲシュケは33歳】

C: それで君とGvA【ファン・アーフェルマート】は誰かがアタックしたらついていく係で、セルへは大物たちを見張って、最後のために脚を温存するという作戦だったんだね?

ゲ: 僕らは数的な有意差を切り札にしたかったんだ。セルへが僕らの中で一番脚があった。しかし、彼にとって一番良いのは、ガリビエの前で小さなリードを得ることだった。それはうまく言ったけど、大きなリードにはならなかったね。

C: 明日と明後日のために力を温存することは、最後になってもまだ可能だったかい? それともその時点までに力を出し切っていたのかい?

ゲ: 最後は逃げグループの中で死んでたね。今日は何かを温存するなんていう日ではなかった。

C: 明日は短いけど激しいね。最大限の休息と、レースのために脚が調子が良いことを願っているよ。ありがとう、また明日。

ゲ: 今日の休息はノープロブレムだよ。ASOは僕らにまたまた「グラマー美人」を付けてくれたから 笑)ありがとう、また明日。image_20190726165341825.png


最後の「グラマー美人」って赤いソファのことでしょうか? これって最大の皮肉かな? 引き出し式のベッドって、かなり安いホテルだよね 笑)

ところで、これを訳しながらビデオを見ようと思ったら、コッピとボベのプレートがあるイゾアール峠をビデオに撮りそこなってました。カッス・デセールという奇岩のあるガレ場のような風景のところが見たかったんですけどねぇ。しかし30キロ近く登りしかないガリビエ峠、アラフィリップが付いて来ちゃうとは驚きですねぇ。。。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(17)

2019.07.25.12:26

いやあ、昨夜はFBの某グループでネトウヨとやりあってて、あっちでTVでツールをながしていたんだけど、完全にキレてたから全く目に入らず、気がついたら誰かがすでにゴールしてました 笑) 途中でポリットが一人で逃げてるか追走しているかの画面が意識に上ったんですけどね 苦笑)

と思って今朝 rsn を見たら、なんとトニー・マルティンとルーク・ロウがレース中にポジション争いで喧嘩して二人ともに失格という裁定。珍しいね、マルティンが喧嘩なんて。

というわけで、cyclingmagazine.de のゲシュケのツィート日記です。


17ステージ、200キロ、129位、+25:55

C: どんな日だった?

ゲ: ぼくにとっちゃあ、超リラックスムードと言える。うちのチームはフレフ【ファン・アーフェルマート】という一番いい選手を逃げに乗せることができた。残念ながら結果はついてこなかったけど。僕はこの後の3日間のために足を温存することだけ考えていたよ。

C: 最初に集団の中で、トータル・エナジーがまだ追走していた時に、君の姿が前方の方に見えたね。あれは戦術的な手段だったの?

ゲ: 僕はなんだか知らないけどあそこにいたんだ。村を抜けるときはそう悪くなかった。だからもう一度アタックがかかったらいく準備をしようと思っていたんだ。

C: トーマス・デ・ヘントが第一波を超えて直接逃げ集団を作ったね。君のチームからはフレフ・ファン・アーフェルマートがダイレクトにそこに加わったね。君たちはすでにそうなるだろうと予想していたのかい?

ゲ: あんなに早く行くなんて、幾らかびっくりしたよ。でもみんなが逃げが決まるまで時間がかかるだろうと思っている時には、おうおうにしてよくあることだ。今日はあまりに暑かったから、多くの選手が最初のアタックにすぐ反応する気が無かったというのも要因かもね。何れにしてもフレフは逃げに乗れた。スーパーだよ。

C: 明日はモンスターステージだね。でも君は経験豊富だし調子もいい。ひょっとして何か考えているんじゃないの? それとも標高差5000メートル以上じゃ終わってる?

ゲ: 明日はそんなに登るのかい? 笑) 正直に言えばいつでも少しはそういうステージを待ち望んでいるんだ。また逃げグループができるかもね。でも5000メートル以上は僕にはちょっと多すぎだ。

C: 標高差は一応そういわれているだけで、間違いかもしれないけどね。うまく休息してね。ありがとう、また明日。


さあ、今日から正念場。ブーフマンが順位を上げられると嬉しいけど。。。なんとなくピノが一番優位にいるような気がします。アラフィリップとトーマスは崩れるんじゃないかなぁ。クレィスヴァイクはちょっと読めないけど、マルティンがいなくなったのはどうなのかな?


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(16)

2019.07.24.12:52

カレブ・ユァンが2勝目。結構後ろからだったのに伸びました。少し前まで破竹の勢いだったヴィヴィアーニとフルーネヴェーヘンがいまひとつですね。スプリンターにとってあとはシャンゼリゼだけでしょう。

一方ボーラとしてはサガンがポイントを稼いだし、ほぼこれで決定ですかね。ブーフマンも落車に巻き込まれることなくゴール。コンラートの方は明日以降の山岳アシストのためでしょう、無理せず3分ぐらい遅れた集団でゴールですね。現在6位のブーフマンが2分14秒差。7位のミケル・ランダはほぼ5分遅れなので、ブーフマンまでの勝負になりそうです。アルプスの3日間、どこかでアタックが決まれば、まさかのマイヨ・ジョーヌとは言わないまでも、表彰台なら夢じゃないかも。まあ、僕が期待するとだいたいロクなことはないんだけどね 笑)

というわけで、cyclingmagazine.de のゲシュケのツィート日記です。


16ステージ、177キロ、104位、+2:00

C: どんな火 笑)だった?

ゲ: 比較的リラックスムードだった。最も大きな要因は絶対に暑さだったね。もしどこかの湖畔を通ったら、僕はたぶん自転車を止めたね。

C: ステージの間に何本ぐらいボトルを飲んだの? そしてどのぐらい飲むべきかはチームドクターから指示されているのかい? それとも本能?

ゲ: サンウェブ時代だといつも量を気にしてなければならなかったけど、今はほとんど本能のままに飲んでるね。今日はだいたい10本ぐらいかな。レース前と後に、その量が十分だったか知るために体重を計っているんだ。レース後に体重が1.5キロ以上減っていたら、飲む量が少な過ぎたってことになるね。

C: 集団の中にいて、暑さの影響に何か気がつく? 選手たちは一層アグレッシブになるの? それともむしろ集中力が途切れがちになる?

ゲ: 集中力が途切れがちになるね。今日の落車なんかはたぶんその結果もあったと思うよ。休息日直後というのもあってみんなスタンバイ状態だったね、僕も含めて。

C: 明日はそれも変わるね。たぶんプロトンの半数は逃げたいんじゃないの? 君達も、明日の逃げのためにみんなで相談してるんじゃないの?

ゲ: 明日は長い戦いになるだろうね。僕らもおそらく全ての選手たちと一緒にトライすることになるだろうね。

C: うまくいくことを願ってるよ。うまく休息してね。ありがとう、また明日。


今日なんかは下ってゴールだから、たぶん逃げが決まるでしょうね。総合争いの選手たちは明日以降がありますからね。拙ブログとしては、ポリット、ケムナ、ゲシュケなんかに注目です。チャンスがあるかも。でも最後が3級山岳だけに結構な数の逃げ集団でスプリントという可能性も??


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(休息日 2)

2019.07.23.18:38

というわけで、cyclingmagazine.de のゲシュケのツィート日記です。


休息日

C: どんな休息日だった?

ゲ: ちょっと前、よだれ垂らして20分ほどのお昼寝から目を覚ましたところだったんだ。瞬間、今は何年だ?ってわからなかったよ。それ以外はとても良い日だ。休息日を最大限に楽しんだね。

C: 幸いにも今は1925年じゃないよ。そうなったら334キロの距離のステージになっちゃってたね。君はこのツールに100%うまくスタートを切れた。最初のうちはいくらか不満だったかもしれないけど。でも昨日のステージは君にとってどのぐらい重要だったんだろう?

ゲ: ハハハ、その上20kgのシングルスピードの自転車に乗って、ボトルにはワインを入れて。昨日は僕のやる気に燃料を追加してくれた。こういうチャンスを願っているし、今週はひょっとしたらもっと良い結果を得られると嬉しいね。

C: 20キロでもワインでもなくて良かったね。君はピノやエミュ【ブーフマン】らに、一緒に連れてってくれって頼んだのかい? 笑)
ツールを外から見ている多くの人たちは「もっとも緊迫感あるツール」とか「先が読めない」と言っているけど、君たちはレースの中でそれを感じる? いつもよりも面白いかい?

ゲ: 最近ではもっとも緊迫感あるツールだろうと思うね。でもレース中はみんなそれぞれ自分のことでいっぱいさ。それに僕らのチームには総合狙いはいないしね。

C: 君は経験豊富な選手だ。ジロではトム・デュムランの勝利に貢献した最も重要なアシストだった。最終週での総合争いで最も重要なことはなんだろう?

ゲ: そりゃあ難しい質問だね。でも、メンタルな強さが決め手となるんじゃないかな。みんなリミットいっぱいなんだ。そこでは意志の強さがとても大切だ。例えば、ナイロやバルデはすでにメンタルで切れちゃってるよね。

C: 明日は気温が上がる中でクールな頭で居られるよう願ってるよ。それからまた燃料をくべる日々が続くね。ありがとう、ジーモン、うまく休息してね。また明日。


今日は平地ステージですね。逃げは潰され集団スプリントになるでしょうねぇ。。。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(15)

2019.07.22.10:36

消費税を10%にし、社会の格差をさらに広げ、原発を稼働し続け、年金を破綻させ、自衛隊を海外の戦争に送り出すことを決定する選挙が終わって1日。わずかではあるけど光明も見いだせたし、次のステップに向けて、応援すべきターゲットも決まりました。

昨夜はスマホで山本太郎の事務所の実況を見ながらTVではツールという忙しい状況でしたが、こう言う時に限ってゲシュケやケムナが目立ちました。rsn のゴール直後のゲシュケのインタビューではこんなことを言ってます。

ゲシュケの話。「ここまでいくつものステージで逃げようとしたんだけど、ことごとく失敗していた。プランシュ・ドゥ・ベル・フィユでも逃げたかったけどうまくいかなかった。インピィが勝ったステージでも一緒に行きたかったんだ。で、やっとうまくいった。でも最後のところはサイモン・イェーツが相手じゃ、僕にチャンスはなかったね。本物のツールはプレイステーションとは違うからね。」

というわけで、cyclingmagazine.de のゲシュケのツィート日記です。


15ステージ、185キロ、25位、+4:24

C: どんな日だった?

ゲ: とっても良かった、楽しめたよ! ゆっくりだけど、「昔の」ジーモン・ゲシュケに戻った気分だ。いずれにしても今日の足の調子は、ちょっとばかり引っ掻き回してやるには十分良かった。ツールはこうじゃなくちゃね。

C: 今日は聞きたいことが30ぐらいあるんだけど 笑)、まずは始めてみようか。イェーツが強すぎだとわかったのはいつ?

ゲ: 山岳ポイントのところで僕に追いついてきた時には、すでにこれはまずいなと思ったよ。他の選手たちもそんなに離れてなかったしね。イェーツのことは知らない選手ではなかった。それでも、もちろんトップ5になる希望は持っていたし、赤ゼッケンも可能かと思った。

C: 君は最後の1つ前の登りでアタックしたね。あれは戦術的なアタックだったの? それともワットを見ててああなったの?

ゲ: 逃げグループはもううまく機能してなかった。アマドールはナイロにスペイン語でブツブツ言ってたし、ここは一丁やってみるべきチャンスだと思ったんだ。きつい山だったけど追い風だったし完璧に自分のリズムで走れた。

C: その前の山では遅れそうだったよね。でもまた追いつけた。キンタナも同じだった。あの時はちょっとピンチだったの? それともあれも作戦のうち?

ゲ: あそこでは最初に何度かアタックがあったんだけど、こんなに早く行くのはごめんだったし、単に自分のペースで走ったらああなったんだよ。ちょっとしたブラフだったかもね。でもありがたいことにナイロも一緒で、おかげで僕も再び追いついたわけ。

C: 今日の逃げの後では、休息日の必要性は10段階でどのぐらいかな?

ゲ: 最初のときよりは数値は低いね。今週は本気のステージは4つしかなかったからね。そうは言っても嬉しいよ。数字でいうなら 6 というところかな。

C: 最後に、今日は僕は君に賭けたんだ。だけど残念ながら15位までしかダメだった。もうちょっとだったのに。。。 うまく休息してね。ありがとう、また明日。


アラフィリップがちょっとだけ遅れましたね。ブーフマンはピレネーの山岳ではタイムロスがほとんどなく、とてもうまく走っていますが、コンラートの方は大きく遅れてしまいました。逃げに乗ったりしてたからしょうがないのかな。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(14)

2019.07.21.15:41

いよいよ消費税を10%にし、社会の格差をさらに広げ、原発を稼働し続け、年金を破綻させ、自衛隊を海外の戦争に送り出すことを決定する選挙の当日になってしまいました。みなさん投票に行きましたか?

さて、昨日は、トゥルマレでは何も起きないだろうと予想したんですが外れました 苦笑) アラフィリップが遅れることはないんじゃないかと思ったんですが、それは当たったものの、まさかトーマスが遅れるとはね。


14ステージ、111キロ、110位、+21:15

C: どんな日だった?

ゲ: このところの何日かよりは良かった。やっと僕の調子もなんとか役に立つレベルになったようだよ。残念だけど今日は逃げの日ではなかった。後半で逃げようとしたところで、たぶん無駄だっただろうね。

C: たぶんそのための日は明日だね。逃げに乗れなかった後は体を休めることにしたんだね? それはうまくいったようだね?

ゲ: うん、後はだいたいOKだったね。トゥルマレもいい気分で楽しめたし、今は次のチャンスを楽しみにしているよ。いつかはきっと逃げに乗れるはずだよ。できれば明日がいいね。

C: 幸運を祈ってるよ。今日は総合狙いの有力選手の何人かがタイムを失ったね。ステージはそんなにハードだったの? 昨日のTTとも関係があるのかな? それとも単純に、今は誰が強いかがわかったってことなんだろうか?

ゲ: これまでのところツールはものすごく緊迫していると思うな。できればTVで見ていたいよ 笑) 今日は遅れた連中はチケットをテーブルの上に起き忘れてきちゃったんだろう。だから誰が強いかは見えたわけだ。しかし、注意しなければならないのは、過去の優勝争いでも、第3週でたくさんのことが起きたってことだ。

C: いやいや、TVで優勝争いを見るのはいいよ、僕たちは君が逃げに乗って画面を占拠するのが見たいよ。うまく休息してね。ありがとう、逃げアタックで幸運がありますように。また明日。


昨日のトゥルマレ峠、ツールに初めて登場したのは1910年。コースに入れるのが可能か実地検分にいったデグランジュの部下がとんでもない目に遭いながら、道は良かったしレースのコースとして問題ないよ〜みたいな嘘電報によりコースに取り入れられたのでした。

当時の記録なんかを見るとほとんどの選手が自転車を降りて押して登ったようです。そもそもノンストップで頂上まで登れた選手には賞金が出たぐらいです。まあ、道は未舗装で、中には大きな石がゴロゴロしているいわばガレ場みたいなところもあったようだし、変速機も使用不可だし、自転車そのものも13キロぐらいあったそうですからね。

さて、ゲシュケは今日逃げに乗れるでしょうか? 乗ってもコース的に逃げ切りはちょっと難しそうだけど。。。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(13)

2019.07.20.12:25

消費税を10%にし、社会の格差をさらに広げ、原発を稼働し続け、年金を破綻させ、自衛隊を海外の戦争に送り出すことを決定する選挙まであともう1日になってしまいました。


13ステージ、27キロ、個人TT、60位、+3:11

C: どんな日だった?

ゲ: もしもっと本気で走っていたら、コースはとても気に入っただろうね。しかしもうちょっと抑えることができたね。休息日が良い作用を及ぼしたと思うよ。この場でマックス・シャハマンとヴァウト・ファン・アールトにお見舞いを言いたい。とても残念だよ。

C: その話だよ。残念なことにずいぶんたくさん落車があった。このコースが結構危険だという話は出ていたのかい? 君の意見はどう?

ゲ: 僕はコースはOKだと思った。TTでは無論みんな自分でどれぐらいリスクをかけるかを決めるわけだ。他にもあらかじめコースを下見する機会もある。いずれにしたってロードレースは時には非常に危険なものだと思うよ。

C: 君は全力で走らなかったのに、たった3分ぐらいしか遅れなかったね。ひょっとしてこのTTから、この後の日々に大きな自信になったんじゃないかい?

ゲ: それはあるね。足の調子は良かったし、ちょっと踏まなければならな時にも360ワットから400ワットぐらい問題なく出てた。このまま行きたいね。

C: 今日が休息日ではない選手たちの戦いは見てた? アラフィリップにはびっくりさせられた?

ゲ: ありゃすごかった。このツールをライブで見たのは初めてだったけど、アラフィリップには無茶苦茶びっくりさせられたよ。僕にとっては彼がパリでのマイヨ・ジョーヌナンバーワン候補だね。

C: 明日のレースを楽しみにしているよ(無論僕らはトゥルマレに自転車で登るわけじゃないけど 笑) ありがとうジーモン、うまく休息してね。また明日。


今日のトゥルマレゴールはボーラとしてはまだ我慢でしょうね。なんとなく上位の差がつかないような気がしていますが、なによりもアラフィリップがどうなるか、このステージでタイムロス無しでゴールしたら、本当にパリまで行くかも。。。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(12)

2019.07.20.01:31

消費税を10%にし、社会の格差をさらに広げ、原発を稼働し続け、年金を破綻させ、自衛隊を海外の戦争に送り出すことを決定する選挙まであともう1日になってしまいました。

すでに13ステージの個人TTも終わってますが、しかしブーフマン、まだ6位に踏ん張っています。そしてコンラートもまだ14位。なのに国際映像でも、解説の栗村さんもほとんど言及なし。まるで山本太郎状態でありました 笑) しかしアラフィリップ、ちょっと驚きでしたね。まあこのまま優勝争いできるとは思えないけど。。。一方でトニー・マルティンがTTだというのにゲシュケと同じく休息日状態というのもびっくりしました。


12ステージ、209キロ、107位、+18:58

C: どんな日だった?

ゲ: チームにとってはとても良かったけど、僕個人としてはむしろ平均以下。頭も足も停止状態。明日の休息日がうれしいよ、あれ? いや、TTのことだけどね。

C: ちょっと教えてよ、君が願ってようなスタートからのアタックはなかったね、あるいはステージの経過の中でそうなったの? 最初のところでは、逃げに乗ろうとしている君の映像も見えたけど。

ゲ: 最初はかなりカオスだった。5、60キロでロータリーがあるかと思えば分離帯があって、まるで集団スプリントの時の集団みたいだった。今年は僕は落車した後、どうもうまく感じられないんだ、ポジション的に良いところにいるのが滅多にないんだよ。

C: さて、明日は半分休息日だというわけだね。この後の逃げのために力を温存するのが理性的な決断なのかな? そうはいってもこの何年か、君はTTで非常に良い走りを見せているよね。結果もそこそこだ。

ゲ: そうだね。でもツールでトップテンの成績というのは現実的ではないね。それに今のところ足の状態も特別良くはないからね。むしろ力は温存しておきたい。ツールはまだ長いしきついよ。


明日はトゥルマレゴール、ここでアラフィリップがタイムを失わないようだと大変 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(休息日 1)

2019.07.17.17:50

消費税を10%にし、社会の格差をさらに広げ、原発を稼働し続け、年金を破綻させ、自衛隊を海外の戦争に送り出すことを決定する選挙まであと4日。

山本太郎が、自分の目指す社会は頑張らなくても生きていける世の中だと言っていた。これって僕が子供の頃は当たり前のことだったのにね。


休息日(1)

C: どんな急速日だった?

ゲ: なんの予定もなく素晴らしく非生産的な日だった。昼食後にもう一度寝てしまったよ、。これが良いことなのか悪いことなのかはわからないけど。

C: 良いことに決まってるよ 笑) ツール2019の最初の10日間で一番記憶に残っているのは何だろう?

ゲ: ヴォージュ山脈だね。最初の週のハイライトだったよ。

C: 明日はまた平坦ステージだね。それから山へ。ピレネーは楽しみかい?

ゲ: うん、昨日の横風ステージの後では特にね。横風よりも山で苦しむ方が良いよ。

C: それと、後ろよりは前で苦しむ方がいいよね 笑) ありがとうジーモン、休息日の残りを穏やかに過ごしてね。明日は横風のない第二週目のスタートになることを祈ってるよ。



よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(10)

2019.07.16.17:31

消費税を10%にし、社会の格差をさらに広げ、原発を稼働し続け、年金を破綻させ、自衛隊を海外の戦争に送り出すことを決定する選挙まであと5日。

消費税って2014年に5%から8%に挙げられた時、増えた分は全額社会保障関係に使うと言った。去年、この増えた分にあたる額は約8兆円だったそうだが、そのうち社会保障関係に使われたのは16%。しかもこの間に社会保障費は大きく減額されている。よくもまあ、国民を謀(たばか)ってくれるもんだと呆れている。

というわけで、昨日なんて穏当なステージになるだろうから寝ちゃおうと思っていたら、終盤大きく集団が分断されて、総合争いの選手たちがずいぶん遅れました。え? ボーラ前方にたくさんいるじゃん! これで寝ちゃうわけにはいかなくなりました 笑)


10ステージ、217キロ、155位、+9:41

C: どんな1日だった?

ゲ: 終わって嬉しいよ。一日中無駄なストレスで、やーっと離れてグルペットに入ることができた。

C: こんなに激しくなるなんて驚いたかい? 有力候補の何人かはだいぶタイムをうしなったけど。10日目だというのはひょっとして影響したのかな? みんながメンタルも体もフレッシュでもこんなふうにばらけたと思うかい?

ゲ: 10日目だというのは影響したと思うよ。多くの選手がバテてるからね。総合狙いの選手たちの何人かは、たしかにアシストが少なかった。グルペットも今日はかなり大きかったしね。

C: 明日の休息日はどれぐらい嬉しい?10段階で言ってよ。

ゲ: そりゃあまるまる10だよ。

C: おお、じゃあ君には是非とも休んでもらわなくちゃね。高級ホテルで明日の昼まで眠れることを祈ってるよ。


ブーフマンの総合5位はむろんのこと、コンラートも12位にジャンプアップですね。これでサガンが勝ってれば言うことなかったんだろうけど、そこまで都合良くはいかないものです 笑) ただね、ピレネーもアルプスもまだこれからですからね。特にパリの前日にどのぐらいの位置にいて、調子はどのぐらいか、だな。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(9)

2019.07.15.10:11

消費税を10%にし、社会の格差をさらに広げ、原発を稼働し続け、年金を破綻させ、自衛隊を海外の戦争に送り出すことを決定する選挙まであと6日。

さて、昨日はペストルベルガーがしばらく単独トップで逃げてましたが、残り15キロを切ったところで捕まり、どんどん遅れていきました。ジロのスプリントステージでスプリンターをあざ笑うかのように残り1キロのアタック逃げ切りを決めたのは、すでにもう2年前。ここらでもう一度名を挙げて欲しいと思ったんですけどね。


9ステージ、170キロ、154位、+21:22

C: どんな1日だった?

ゲ: かなり●ソッタレだった。逃げには乗れなかったし、これからはチームは6人体制だ。アレッサンドロ・デ・マルキが今日、ステージの始めで落車して鎖骨と肋骨を折ってしまった。

C: それはだいぶひどそうだ。落車は見たくないね。それはレース中にはどんな具合だったの、つまり、君たちはその情報をすぐ受け取るのかい、それともそういう情報ってレース中は邪魔になるのかな?

ゲ: うちの監督はしばらく後で連絡してきたけど、そんなにひどいとは言わなかった。それでホッとしていたんだけど、彼の落車地点を通過したら、彼は倒れたまま動けなかった。それでホッとした気分は変わったね。

C: 今日はすでにレース9日目だ。徐々に(ほとんど)みんなが疲れてきているのは、集団の中でも感じられるかい?

ゲ: うん、今はみんな少々辛そうだ。最初の週にステージが10もあるのは長いよ。

C: それじゃあ、明日は逃げが決まるかな、それともむしろスプリントになると思う?

ゲ: 逃げの集団が大きければ、あるいはデ・ヘントがまた行っちゃえば、逃げにチャンスがあるだろうね。さもなければスプリンターのチームがステージをコントロールすると思うよ。半々だね。

C: ありがとう、ジーモン、うまく回復してね。また明日。休息日まであとワンステージだ。



よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(8)

2019.07.14.11:32

ゲシュケが逃げるという予想はまるで外れました 笑)が、ブーフマンの総合が昨日の12位から10位に上がってます。まあ、今トップ10でも最後が問題なんだけど、でも逆に言えば今トップ10にいなければこの先厳しくなるから、まあここまでは順調ということなんでしょう。

8ステージ、200キロ、49位、+5:37

C: どんな1日だった?

ゲ: まだぼーっとしているよ。今まで何も食べられないぐらいへばっていた。ツール万歳だね。

C: そんなにひどかったの?

ゲ: 最後の80キロはいっぱいいっぱいだった。道は狭いしジェットコースターみたいなプロフィールで疲れさせられたよ。追走集団はもちろん全力で走らなければならなかったし、そうしなければデ・ヘントを捕まえられないことはみんなが承知していたからね。

C: だけど結局デ・ヘントは今日もバイクみたいに突っ走って行っちゃったね。彼が逃げ切ると君は考えていたのかな?

ゲ: 彼でなく別の選手だったら、今日は絶対逃げ切れなかっただろうね。それぐらいクレージーだった。3チームが完全に全開でいったのに、彼は逃げ切っちゃったんだからね。

C: 君のところからはアレッサンドロ・デ・マルキが逃げに乗って頑張ったけど、あらかじめ誰が逃げに乗るかは決めてあったのかい?

ゲ: 今日はフレフ【ファン・アーフェルマート】かアレッサンドロか僕が逃げに乗るつもりだったんだ。逃げが大きければその内の二人と。でも、アレッサンドロはデ・ヘントとほとんど同じぐらい強かったね。彼が逃げに乗れたのは、僕らとしては嬉しかった。

C: あしたはきっともっと穏やかなレースになるよ。今日がこれだけハードだったんだからね。ありがとう、ジーモン、うまく回復してね。また明日。



よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(7)

2019.07.13.20:37

今日あたりゲシュケが逃げに乗るんじゃないかと期待したりしてますが。。。


7ステージ、230キロ、143位、+3:13

C: どんな1日だった?

ゲ: えらく長くて、メンタルでは今までで一番ハードなステージだった。でも、おそらく「休める」という意味では悪くなかった。

C: 君はどうやって時間を潰したの? どうやって寝落ちしないようにしたの?

ゲ: 後何キロかメーターでみたり、プロトンの中でスモールトークで。真面目な話からおバカな話までなんでもあったね。そうは言っても6時間はやっぱり6時間だよ。

C: 集団の中の雰囲気はどう? ゆっくりしてたから、みんなリラックししてた? それとも6時間でイラついてた?

ゲ: みんなすごくリラックスしてたね。何人かはリラックスしすぎだろ、って感じ。オートパイロットモードで走ってるんだもの、残念ながら何回か落車があった。飛行機みたいに信頼できるものじゃないからね。

C: 今日これだけ力をセーブしたんだから、明日はその分二倍ぐらいモチベーションが上がっちゃうと思うかい?

ゲ; そう思うし、まさか僕一人がそう思ってるわけじゃないと思うよ。少なくとも今日よりはずっと緊張感あるものになるだろうね。

C: ありがとう、ジーモン、うんまく回復して、明日は楽しんでくれ。幸運を祈ってるよ。



よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(6)

2019.07.12.18:41

ブーフマン、十分でした。チームTTが良くなかった分、総合ではまだ12位ですが、昨日のステージで先頭集団でゴールは十分これからに期待が持てますね。この件はまた時間があれば、後ほど。


6ステージ、160キロ、122位、+20:02

C: どんな1日だった?

ゲ: 「逃げに乗れないなら力を温存せよ」これが今日の僕のモットーだった。逃げグループには残念ながら乗れなかった。逃げが決まるまでもっと時間がかかると思っていたんだ。

C: そうでなければ逃げにくらいつけたってわけだね? あんなに早く決まってしまうとはびっくりしたね。最初の逃げが決まったんだね。なぜ今日はあんなに早く決まってしまったのか説明してよ、それとも偶然かい?

ゲ: 僕だって決めてやろうと思っていたよ。でも僕らは最初にセルヘ【パウエルス】が逃げに乗れて、そのまま行ってしまった。でもまだこういう日はあるよ。そういうのはわからないもんだよ。特に平地でだと、大抵はそれは偶然だね。そうなればただ幸運をうまく利用するしかないさ。

C: あと2つだけ。デケーニンクが今日は怠けたおかげで逃げがタイムを大きく稼いだんだね? それとも逃げがとても強かった結果なのかい?
それから【ドイツに近い】ヴォージュ山脈ではどんなだった? 沿道のファンや仲間たちのサポートは十分だったかい?

ゲ: ヴォージュはすごかった! 多くのドイツのファンや友人が、昨日も今日もたくさん沿道にいた。毎年ツールではここに来て欲しいよ。できれば【ドイツの】フライブルクをステージのゴールにしてもらいたいね。

C: ああ、それは実現すれば素晴らしいね。うまく休息してね。また明日。


昨日のゴール、プランシュ・ドゥ・ベル・フィユ、美しい娘の高台とかいう意味だそうで、名前の由来は17世紀の30年戦争の時にスウェーデン軍に追い詰められた娘がここから飛び降りたという伝説に由来すると rsn には出ていました。なんかサイパンのバンザイクリフや石垣りんの詩なんかを思い出させられました。

しかし、26%の激坂も現代のギア比なら自転車から降りずに登れちゃうってのがすごいです。と同時に、昔観戦に行った境川のコース、15%の激坂で三浦キョンシーが蛇行しながら登ってきたのを思い出したりしました。当時はせいぜい39X24ぐらいまでだったからねぇ。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ゲシュケのツール・ツィート日記(5)

2019.07.11.11:19

サガンのタイミングが完璧でした。というか、結果から見ると、サガンの位置が完璧。サガンより前にダッシュすることができたらまた違ったんでしょうけどね。

しかし、アルザス地方、町並みが綺麗だしヴォージュの山はなんかヘンだし 笑)森林地帯を抜けるくらい道は雰囲気がいいですね。ドイツ人選手が逃げに乗るだろうと思っていたけど、これは完全にハズレでした。


5ステージ、176キロ、72位、+0:00分

C: どんな1日だった?

ゲ: まさに自転車レースって感じ。最初の逃げが少人数だったのと、最後の山が僕が考えていたよりもずっと大きな集団でクリアしたのが驚いたことだね。

C: 逆だったらよかったのにね。ステージの最初で、今日は逃げてもうまくいかないと思ったのかい?

ゲ: うん、クイック・ステップとボーラが全力で、小さな逃げは許さず、大きな逃げを潰してた。効果的だった。僕は少なくとも10人以上の大きな逃げがあればついていくように言われていたんだけど。

C: 最後の集団が大きかったでびっくりしたと言ってるけど、上りのスピードはそれほど速くなかったの? それとも単純にツールの水準が高いってこと?

ゲ: 水準はものすごく高いよ。登りは僕はあれ以上早く走れないぐらい速かったもの。昨日が終わった時僕らはみんな比較的元気だったからね。まだ大したことのないステージしかなかったから。

C: 明日はそれも変わるね。うまく休養してね。ありがとう、また明日。


さて、今日はいよいよ山頂ゴール。ブーフマンとコンラートの力が試されますね。ここで落ちていくようならトップテンはないな。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム